ネコ・空ちゃん、海ちゃん・天ちゃん

d0339676_11274908.jpg

この写真の中に、ネコは何ネコいるでしょうか?仕事をしていると、机の上はいつもこんな状態で混みあっています。みんな場所の取り合い。原稿の上でも平気で寝るし、ペンはおもちゃ、紙の切れ端が出たら、それもおもちゃ。ミルクティを机の上に置いたら、すぐに空ちゃんに飲まれちゃうし、みんな得意げにしっぽをピンと立てて、私の顔の前にお尻をつけて、匂いをかがせに来てくれるし。。ちょっと居ないともう大変です。でも、いつものことですが、その内、天ちゃんがみんなの場所にやってきて、大きな体で寝そべったりして、シマ取りを始め、みんなを机から追い出しちゃうのです。だからみんなに迷惑がられるのですが、精神的にも肉体的にも元気な天ちゃんは全く平気です。この天真爛漫さがうらやましいです。きっと、ネコ以上の頭脳を持ち、生真面目で、決まったことをきちんとやらないと気がすまない空ちゃんも、天ちゃんのことを少しバカにしながらも羨ましいのだと思います。最近、天ちゃんの喋るネコ語がますます理解できるようになってきました。となると、単
に返事をしてるだけでは済まなくなり、それに対しての返事をしたり行動をせざるを得なくなるので、ネコ会話を成立させるには神経や耳を使います。天ちゃんは顔と声の高さと、ふるまいから、私が何を言ってるか判断するようですが、あほちんなので時々、読みを間違えます。人もそうですが、やはり聞くって大切なことですね。今はまだ、天ちゃんの喋る幅が狭いのですが、いつかもっともっと会話の幅が広がるといいなと思いつつ、一生懸命ネコ会話をしています。
<< 郵便局のゴールドのポスト貯金箱 松本清張・内海(ないかい)の輪 >>