2017年 06月 13日 ( 10 )

遍路・66番札所 雲辺寺(うんぺんじ香川県)

d0339676_18364490.jpg

雲辺寺さんの修行大師の前に、徳島県と香川県の県境があります。どういうわけで、ここが県境になっているのか不思議ですが、実は雲辺寺さんは徳島県に属するそうですが、遍路の流れで香川県になっているそうです。四国八十八カ所の中で1番高い911メートルの雲辺寺に今年も無事に来られて、帰り道、すごく爽やかで嬉しい気持ちになりました。私の体にも「今月も遍路修行をさせて貰えて、ありがとう」と、帰り道お礼を言いました。

遍路・66番札所 雲辺寺

d0339676_18244843.jpg

雲辺寺さん登拝記念スタンプを白着に押して貰えるようになりました。納経朱印と違うスタンプで、200円です。私の白着には、お守りとして石鎚山頂上の朱印をいっぱい押して貰ってあったのですが、11年も着てますから全部消えてしまいました。おまけに布地が薄くなり、切れたり破れたりボロボロです。ついにつぎはぎをしないといけないくらい破れてきました。でも11年も毎月着ていて、守って下さっていると思うと、次の白着は用意してあっても代を譲ることができないのです。写真は自撮りで、この角度でシャッターを押すのはとても難しかったです。

遍路・66番札所 雲辺寺(うんぺんじ香川県)

d0339676_17542581.jpg

66番札所 雲辺寺さんの本殿横に「おたのみなす」という茄子があります。願いごとを思いながらくぐります。雲辺寺さんは、山の中で、とてもとても広いのに、いつ訪れてもお掃除が行き届いています。下座行(げざぎょう)とは、お掃除のことを言い、最高の修行なのです。

遍路・68番札所 神恵院、69番札所 観音寺(香川県観音寺市)

d0339676_17495310.jpg

68番札所神恵院さんと、69番札所観音寺さんに向かう入り口です。きれいなお寺で町の人々にも人気があります。神恵院さんの大師堂の隣に、閻魔大王様がいらっしゃるのに、11年も気づかずにいたのです。閻魔堂と書いてなかったので、わからずに。。早速お参りをさせていただきました。

遍路・66番札所 雲辺寺(うんぺんじ・香川県観音寺市)

d0339676_16272575.jpg

66番雲辺寺さんは、四国八十八カ所霊場の中で1番高く911メートルあります。四国高野と言われています。ちなみに高野山は海抜約1000メートルです。写真は雲辺寺に行く途中、来た道を振り返りました。こうして今年もまた雲辺寺への道のりを歩かせていただいています。11年間毎月、遍路を続けさせていただいていること、改めて感謝です。

遍路・69番札所 観音寺(かんおんじ 香川県観音寺市)

d0339676_15575299.jpg

68番札所と同じ敷地内にある69番札所・観音寺(かんおんじ)さんです。かんおんじ と読みます。市の名前も、かんおんじ市と読みます。赤くて古くて、いいお堂です。手前の霊木、見事です。

遍路・68番札所 神恵院(じんねいん 香川県観音寺市)

d0339676_15525223.jpg

68番札所と69番札所は同じ敷地内にあります。神恵院さんの本堂です。まるでカフェのような。。中に入ると、ご本尊様と、水子地蔵様、交通厄除け地蔵様がいらっしゃいます。とても好きな空間で、ご本尊様、お地蔵様。。と、時間をかけてお参りしていきます。左に出ると、きれいな庭が一望できます。

遍路・68番札所 神恵院、69番札所 観音寺 (香川県観音寺市)

d0339676_12170977.jpg

68番札所と69番札所は同じ敷地内にあります。札所まであと300メートルという所に海に通じる川があり、三架橋がかかっています。橋の上からでも魚がいっぱいいるのがよく見えます。梅雨というのに、いいお天気です。

石鎚神社(愛媛県西条市)

d0339676_12053463.jpg

石鎚神社山門近くにある神木!たくさんパワーをいただきました。本殿への階段を背にして、入り口を写しています。

石鎚神社(愛媛県西条市)

d0339676_12031017.jpg

石鎚神社本教にお参りに行きました。神様を写してはいけないので、本殿を背にして境内を写しました。山の上方に位置しており、階段をずっと登って行きます。石鎚神社には、素戔嗚尊様(すさのおのみことさま)、素戔嗚尊様のお嬢様で、厳島神社の市杵島姫尊(いちきしまのひめのみこと)様、役行者(えんのぎょうじゃ)様、方違社、龍神様、お大師様、猿田彦大神の大石神社、大山祇(おおやまずみ)の神様。。大好きな神々様が勢ぞろいです。