2017年 09月 01日 ( 3 )

中山寺(兵庫県宝塚市 近畿36不動尊霊場会21番札所)

d0339676_18154499.jpg

阿弥陀堂の香炉を支えている子たちです。阿弥陀様は成仏の仏様。私は、8月28日の月曜日から翌月曜日まで1週間、リンパ腫で亡くなった女性の特別供養を毎日させて貰っています。この期間、ちょうど毎日36不動尊霊場のホームページ書き換え原稿を奉納するため回っている日と重なりました。彼女は霊場めぐりをしたがってたので「毎日、私について行って霊場巡りができて、良かったね」と、今日、供養をさせて貰いながら、はっ!と気づいたのです。ただ仏さんを体に乗せて連れ歩くのは、かなり重いんですけどね。これも仏さん助けですから。。

中山寺(兵庫県宝塚市 近畿36不動尊霊場21番札所)

d0339676_18110617.jpg

ご本尊様前の香炉の子たちです。頑張りすぎの表情です。今日は9月1日。1923年に関東大震災があり、吉原遊郭で560人以上、火災から逃れるため、池に飛び込み亡くなった日です。池だけの死亡者です。その遊女たちの供養を毎月吉原でさせていただいています。命日か。。と、思うと、特別の情がこみ上げてきます。

中山寺(なかやまでら 兵庫県宝塚市 近畿36不動尊霊場会21番札所)

d0339676_18033262.jpg

綺麗な五重塔は、400年ぶりに昨年末再建されました。大きな大きなお寺ですが、木々や花がいっぱい。お参りするお堂もいっぱい、植物鑑賞もあちこち、回る所がいっぱいです。ご本尊様は11面観音菩薩様。別名 安産の寺 と、呼ばれているだけあり、優しさの感じられる温かいお寺です。昨日の成田山明王院さんは祈願寺で、ピリッと張りつめた熱いものを感じました。対照的で、とてもいいお寺に2日続けて、原稿奉納のためとはいえ、お参りさせていただけました。