カテゴリ:山( 50 )

石鎚山(愛媛県)

d0339676_17082930.jpg

四国一の霊峰・石鎚山の頂上社の斜め前にある天狗岳です。4月は雪崩れで、途中で断念しただけに、今回無事に登拝の行を終えられ感激です。四国歩き遍路と、霊山行(れいざんぎょう)との間を1週間は空けないと、膝や体力が無理と、以前経験してわかっていたはずなのに、同じ週に、歩き遍路と石鎚山が重なってしまいました。無事に終えることができ、行三昧(ぎょうざんまい)だ!と、今は疲れより喜びの方が、ずっとずっと大きいです。

石鎚山(愛媛県)

d0339676_16573730.jpg

年に最低3回、四国一の霊峰・石鎚山に登拝の行(ぎょう)をさせていただいています。頂上、頂上社の前です。今日はカラー族(行でなく山登りの方々)が少なく、山の参道がすいていました。きれいな空と、清々しい風。。先週、1時間に80ミリの大雨に打たれながら、前行の水行をさせていただいたので、暑い中の清々しい風は、きっと神様からのプレゼント。。そう勝手に解釈して、感謝しながら登拝行をしていました。

石鎚山(愛媛県)

d0339676_16025856.jpg

四国一の霊峰・石鎚山は、とてもいい天気でした。雷雨予報が出ていましたが、雷雨に遭わずにすみました。写真は登り。頂上が見えています。年に3度の登拝の修行です。

大峯山・蛇の倉七尾山

d0339676_18202548.jpg

蛇の倉七尾山は、行者の山です。このお山に毎年最低2回、18年間登らせていただいています。頂上の孔雀明王様のいらっしゃる所です。蛇の倉七尾山が大好きです。

大峯山・龍泉寺

d0339676_17294775.jpg

龍泉寺で滝行をさせていただいた後です。日によって滝の水は違います。今日の滝は、まっすぐに勢いよく落ちてくる強い滝でした。まだまだ水は、とてもとても冷たかったです。

大峯山・龍泉寺(りゅうせんじ・奈良県洞川)

d0339676_17264550.jpg

大峯山は、50以上の山が集まって大峯山(おおみねさん)と言われます。有名な覗きの山は、山上ヶ岳と言いますが、マスコミは山上ヶ岳のことを大峯山と、間違ってよく放送します。蛇の倉七尾山で登拝の行をさせていただく前に、まずは龍泉寺で滝行をさせていただきます。

犬鳴山(いぬなきさん 大阪府泉佐野市)

d0339676_18161101.jpg

先日のJ:COM で、コメントをいただいたので犬鳴山の東條仁哲管長猊下の所に、夫とご挨拶に行ってきました。ひと山まるごと七宝瀧寺さんです。私がいる所はい本堂より少し下、白雲閣という建物に向かう途中です。滝がいくつもある犬鳴山は水が豊富なため、気温が低いのですが、今日は下の気温が高いので、風が余計に爽やかに感じられました。

琴平山 奥社

d0339676_22460548.jpg

琴平山奥社からの景色です。今日は本殿まで、お行儀が悪かったり、他の人々に思いやりの少ない日本人や中国人が、とても多かったです。でも本殿から奥社までは、皆さんお行儀よく、思いやりのある方々ばかりで、凄い違いがありました。お行儀悪くてもいいから来て下さいと、神様はおっしゃっていると思います。なのに私は今日、本殿まで登る15分間(かなり早いです)何度も何度も眉間に皺を寄せてしまいました。20代の人々が1番礼儀正しく参拝されていて、その姿に嬉しくなりました。

琴平山

d0339676_18443188.jpg

奥社への階段道。これを登り切ったら、奥社まで、あと階段200くらい。

琴平山

d0339676_18394325.jpg

明日は、四国八十八か所霊場会73番札所 出釋迦寺さんで、鐘楼堂落慶法要があり、琴平に前乗りしています。もちろん、琴平山に参拝の行にまいりました。私が水行をさせていただく時、金比羅の神様には、いつも西を守っていただいています。また琴平神社にいらっしゃる厳島神社の市杵島比売命(いちきしまのひめのみこと)様には、水行の時、いつも海の中で、北を守っていただいています。お会いしたくてお会いしたくて、1368段をあっという間に奥社まで登れました。写真は本殿からの景色です。