<   2013年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ネコ・空ちゃんと天ちゃん

d0339676_11283082.jpg

私が原稿を書き始めると、手書きなので、机上は紙だらけに。そしてすぐに誰かが、そのぐちゃぐちゃの上に来ます。私が原稿を書く目の前に、「ねこの気持ち」の付録のマットが置いてあって、そこが空ちゃんのシマです。空ちゃんがいつものように寝てたら、天ちゃんが来て、さっさと隣で寝始めました。トドみたいですが、手前が天ちゃん(あほちん)です。怒った顔をしてる空ちゃん。この後、天ちゃんが目覚めて、不機嫌な空ちゃんに『遊ぼ!』と、飛びかかって行きますが、空ちゃんは、抵抗して、ついに天ちゃんが机から下ろされます。シマは死守する空ちゃんの頑固さに拍手!でも、人のシマでも平気で熟睡できちゃう天ちゃんの方が、生きて行くにはずっと楽そうです。きちんとしないと嫌で、決めたことは毎日守らないといけない真面目な性格の空ちゃんには頭がさがります。一人一人個性があって、一人一人違うから、助け合えるようになっています。自分が与えられた個性を見つめ、良いところにも悪いところにも、いとおしさを感じられる人に。。By空ちゃ
んの教え。

ミルクティ・アフタヌーンティ

d0339676_11283117.jpg

時々、アフタヌーンティのミルクティとスパゲッティが、とても恋しくなります。ここで働いている女性は皆可愛く、笑顔で心地よい接客をしてくれます。ここの紅茶は強烈な個性はないけれど、当たり障りなく、いい味を出しています。私の紅茶好き日本茶を知ってて下さる方々が、アールグレイや玉露を送って下さり、私は家でいつもミルクティや玉露をがぶ飲みしてて、お茶に満たされているのに、外でも美味しいミルクティが飲みたくて飲みたくて。。遍路中でも、美味しそうな喫茶店を見つけると、すぐ入ってしまいます。自販機の紅茶はちょっと。。。アフタヌーンティで、薄めのミルクティを飲みながら、江戸時代の妾に関する本を読んでいました。お妾さんの給料は大名クラスでも、今の15万円くらい。しかも大名なら10人の妾が許されたそうです。そんなのひどい!と感じられますが、商人など町人のお妾さんは今の一万円も貰えなかったそうで、その代わり何人もパパを持っていても、文句が言えなかったとか。ということは女性に遊んでいただいていた様子も伺え、男天
国とは言い切れなさそうです。その頃も、旦那さんは奥様が怖かったというし。。当時の美女は、うりざね顔で、お尻が小さいことが条件でした。やがて丸顔で、お尻の大きな女性が美女の規定と変わって行くようです。今の私たちは、男の好みに合わせて生きるより、自分の好みで生きる方がずっとステキと思っています。

山・富士山

d0339676_11283163.jpg

新幹線で眠っていたら、車掌さんが車内放送して起こして下さいました。私は富士山に5度、新富士の宮口から登拝行をしました。毎年観光登山者のいなくなった9月23日に登らせていただいてました。積雪が膝以上の年もあるし、雷の時も。いつも雹(ひょう)には必ず顔をはたかれ痛いです。山小屋が閉鎖してるので、日帰りで八時間から九時間で登って下ります。トイレがないため、前日から水分調整します。酸素は少ないし、私は14年前から耳が気圧調整できず鼓膜も薄いため飛行機に乗れなくなったのですが、高山病が出やすいリスクを抱えてます。それが出ないために、前行を沢山させて貰うのですが、おかげで耳痛は一度もでていません。しんどくて歩きながら眠くなってくることもあります。それでも頂上前の小さな鳥居が見えてくると、嬉しくて嬉しくて、涙で顔がぐしゃぐしゃになります。もちろん雹や雨風に打たれて、それ以前からぐちゃぐちゃなんですが。苦しくても辛くても一歩前に出なければ頂上に着きません。小さな一歩でも、ゆっくりでもいいんで
す。前に一歩一歩出し続けたら、いつか必ず頂上に着き、それから麓までたどり着けます。人生と同じです。どんなに小さな一歩でも一歩は一歩です。あなたの歩幅で、むりをせず、ゆっくり歩き続けましょう。
富士山の守り神様とされる、このはなさくや姫様のお姉様、石長比売(いわながひめ)様は、私が信仰する大切な大切な女性神様です。

ホテル・帝国ホテル

d0339676_11283263.jpg

日比谷の帝国ホテル一階・パークサイドダイナーは、私が一番好きなレストランです。以前はユリーカという名前でした。お客様がレジの女性に、35年通ってると今日、言ってましたが、負けました。私は、27年かな?私は、取材や打ち合わせ場所としても、よく使わせてもらってます。美味しい紅茶のおかわりが何回でもできるのも居心地いいです。私が帝国ホテルを好きなのは、一流ホテルなのに、働いている人たちが、かっこつけたり気取ってたりしないで、サービスや接客は最高を守りつつ、笑顔や声かけが素晴らしいからです。あの押し付けがましくない素敵な笑顔は、本当に疲れが飛びます。笑顔をしてもすぐ笑顔なしの顔になり、その変化を見てしまったとき、びっくりすることあります。じゃあね!と笑顔で別れた瞬間に無愛想な顔に戻ってたり。大阪の一流ホテルでもありました。帝国ホテルの人々は笑顔のあとも笑みを残していてくれます。笑顔をやめてもすぐ笑顔になれる顔の筋肉が出来上がっているのでしょうか?だから自然なスマイルをサービスしてくださるのです
。笑顔を終えたあとも誰かが見ています。笑顔をした後の笑みも、素敵な人になるためには欠かせません。愛想が悪いから、私も努力しよう。。っと。

講演・多摩いのちの電話

d0339676_11283290.jpg

多摩いのちの電話主催の講演会で、お話させていただきました。たくさんの方が、ご参加いただけました。いのちの電話の相談員さんは、お金を払って、二年のトレーニングを毎週受け、それからボランティアで電話相談をされています。大変なお仕事と思います。今日は、背暗向明(はいあんこうみょう)というお話もさせていただきました。弘法大師空海の言葉です。暗い方に背を向け、明るい方を向きましょうという意味です。辛いときこそあえて、明るい方を向いて、一歩前に出ましょう。大変なことですが、あなたの歩幅で一歩前に出て下さい。

ネコ・空ちゃん

d0339676_11283365.jpg

今日は、病院に行きました。昨年から、顎の黒ニキビがひどくて、毎日ケアしてたのですが、気になるので、今日は空ちゃんだけ、病院にお出かけしました。お坊ちゃんで、お母さんお父さんの愛情をいっぱい受けた空ちゃんは、いつも穏やかで、おやつやご飯を食べている時に誰かが食べに来たら、譲ってあげちゃう子ですが、今日初めて、うーうーと怒りました。注射を二本打ち、二本目はやだと大暴れしていました。いつもは皆と一緒なので、お兄さんらしく大人しくふるまってましたが、一人なので、地が出たのかもしれません。一本、高い注射で4500円もしました!
帰宅したら、ご飯を食べまくり。やけ食いして、足らなくてまたあげたら、平らげちゃったところです。病院には、癌で40キロ台から急に19キロまで痩せちゃった犬ちゃんや、靭帯損傷で20万かかる手術を公立大に紹介されて受けないといけない犬ちゃんが来てました。飼い主さんたちの表情を見ると、心が痛かったです。犬ちゃんは、人より痛みに対して我慢強いそうです。だからこそ、回りの者が、早くサインに気づいてあげないといけない。。言葉で説明できないから。

水行

d0339676_11283307.jpg

ここから二キロくらい行った行場ですが、今朝、夜明け前の水行は、ほんとに寒いというか痛くて。。今日は全国的に寒さが厳しいですね。治りかけた凍傷がまた悪化してしまいました。毎年四月、四国一の霊峰・雪の石鎚山に登拝行で登らせていただくのですが、積雪や雪解けで山が崩れていたり、アイスバーンでアイゼンが役に立たないくらい凍っていて、まさに命懸け!それで早くから、無事に登らせていただくための前行(まえぎょう)を今朝から始めました。強風に飛ばされそうでした。何をするにも感謝です。たとえば食事をしに行ったとします。その時間ができたことに感謝。事故に遭わず無事に行けたことに感謝。食材に感謝。自分が作ったものは何もありません。給食費を払ってるんだから、子供にいただきますと言わせるなと、クレームをつけた親がいましたが、給食費以前の問題です。そして、もてなしてくれたお店の方に感謝。自分で払えるだけの仕事があることに感謝。。私も、辛い痛い寒いと言ってますが、本当は行をすることを許されたことに感謝しなが
ら般若心経を心からいつもあげさせていただいています。謙虚な姿勢は、喜びや感謝の気持ちがストレートに感じられる自分を育ててくれます。

水行(すいぎょう)

d0339676_11283415.jpg

この景色は観光名所の海沿いですが、ここから約二キロほど離れた行場で水行しています。密行なので、そこは写せません。強風注意報が出ていて、満潮、雨、その雨が止んだら急激に気温が下がり明日は雪と言われてます。水の中に入って行じてる時は、考える力も麻痺しかけて必死に拝んでいるため、冷たさ痛さもよくわからないのですが、終わって結界を切ったらもうだめ!体が踊るように震え出し、足も手も痛くて痛くて、世俗に戻ったわけです。外で強風や雨に打たれながら白着からmont-bellのフリースに着替えるとき、自分に声かけ励まします。まだ大丈夫!歩ける!震えすぎて立てず、雪の地面を這うしかできなかった夜もあったし。。でも体が温かくなろうとするので舌が膨らんで、喋りにくくなるんです。なぜそこまで?昨夜ブログに登場した師僧・池口惠観が10年以上前に言われました。私達行者は、行は辛くても、行が終われば辛さから解放される。でも今、悩んで苦しんでいる人や病気と闘っている人は、時間が来ても苦しみから解放されない。その方達の痛みを
少しでも共有させていただくために私達は行をし、皆さんの幸せを祈るのだと。今夜は満潮で波が高く強風のため、波が陸を打つ度に地面が揺れて、緊迫していました。日にちが変わったら深夜にもう一度。深夜の一人行は、怖いけれど、空も海も独り占めです。

最福寺

d0339676_11283527.jpg

私の師僧である最福寺・池口惠観大僧正の新春のお祓いと集いが、京都グランヴィアホテルで行われています。東京は24日です。私は99年から弟子です。ここ数年、池口惠観大僧正は、気を付けなさいと予言されることが多かったのですが、今年は飛躍の年だそうです。去年が芽が出る年、今年は花咲く年。もちろん、これまでの努力あってですが。人は必ず花咲きます。だから一歩一歩、自分の歩幅で小さな努力を積み重ねて行きましょう。美もそうなんですけどね。偉そうなこと言えません。なかなかマッサージとか、イオン導入とか、ゲルマとか。。めんどくさがりの私は一週間も続きません。

ネコ・空ちゃんと天ちゃん

d0339676_11283549.jpg

私が夜明け前、寝ようとすると、いつも天ちゃんが大暴れ。空ちゃんが犠牲になって、一緒に遊ばされるのですが、ついに空ちゃんはダウン。それでも遊び足らなくてまだ、眠る気のない天ちゃんです。いい加減に空ちゃんを眠らせてあげなさいと、怒るのですが、遊ぼ!空ちゃんと遊ぶうぅ!と、しっぽをタヌキみたいに膨らませて、遊び出したら止まりません。そんな天ちゃんが、遊ぼ!と、海ちゃんの顔をいきなり両手で挟んで怒らせ、また左目をひっかかれました。嫌がる天ちゃんに歌を歌ってあげながら目薬をさして、終わったらいっぱいヨシヨシしてあげます。丈夫な子はすぐ治るので、また海ちゃんに遊ぼ!と、飛びかかってまたひっかかれました。あほちんだから学習できません。みんなにうるさがられてる天ちゃんですが、クローゼットやトイレに入っててドアが閉まり閉じ込められたとき、他のふたネコが私に切迫した表情で知らせにきます。家族の意識はいっぱいあるみたいです。
四苦八苦の苦しみの中に嫌いな人、憎い人に会わなくてはいけない苦しみがあります。嫌いな人と一緒に働かないといけない苦しみ、憎い人に偶然会う苦しみ。。自分ばかりに起こることではありません。八苦の中にあるくらいですから誰でもあるのでしょう。自分が離れるか、憎い嫌いという意識を自分が捨てるか。。誰でもこういうことがあると見方を変えると、少しだけ楽になります。