<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

高野山・総本山金剛峯寺

d0339676_11275715.jpg


ここは金剛峯寺の脇の門です。
今日は朝、春雷で雨が予報に反して降り、寒かったです。雨が止んだら深い霧に包まれ、聖地らしい景色となりました。駐在当番が終わり、今、南海電車で、世俗に向かっています。今日は、朝早くから多くの方がお詣りに来られ、終わって控え室に戻ってすぐまた法話しに行って。。と、ほとんどの時間、法話をしていました。が、今日は嬉しい人々にたくさんお会いすることができました。二十歳になったかならないかの女性が、ノートに私がお話ししたお大師様の言葉を書き留め、書き切れなかった箇所について、わざわざ聞きにきて下さいました。
「今日、花が咲くのは過去のおかげと知る」明日香ちゃんという女性にぴったりの言葉でした。その明るさで、無理をしないで、一歩一歩仕事を頑張って行って欲しいと心から思いました。また得度をされて仏門の入り口に立たれた女性や、団体信者さんをお連れ下さった女性が「私、40年高野山に来てるけど、女のお坊さんの法話を聞けたのは初めて。嬉しかった!ありがとうございます」と、何度も言っていただいたり。。
今日はみなさんに励まされました。人が喜ぶことをすると、その人が嬉しい顔をされます。その笑顔を見て、嬉しくなります。だからもっと喜んで貰えることをしたいと思います。次のお盆の駐在のとき、また喜んで貰えたり、心に何かを残して帰っていただけるよう、そういう法話をできるよう、明日からまた精進します。電車が山を抜けると、町は春の光が差していました。梅田で、おいしいおいしいミルクティーをいただこーっと。

高野山奥の院

d0339676_11275845.jpg

今日は、高野山の奥の院に駐在して法話をさせていただきました。写せない所がありますので、こちらはお大師様のいらっしゃるごびょう(漢字が出ません)と、反対側の風景です。朝9時前、きれいな景色です。今日は春休みの土曜日で天気もいいので、たくさんの方々が、奥の院にお参りに来られました。月に何度も来られる方、毎月来られる方、満願お礼参りのお遍路さん。。本当に皆さん、きれいな心で、一心にお詣りされます。だから私も、お大師様のお言葉をお持ち帰りいただこうと、一生懸命お話をさせていただきました。奥の院には、一ノ橋から歩いて行くと、数取り地蔵様がいらっしゃいます。中の橋まで行かず、汗かき地蔵様までも行かず、江崎グリコさんのお墓をすぎ、武田家のお墓の斜め前にいらっしゃいます。汗かき地蔵様は、人々の苦しみを背負ってらっしゃるので汗をかいてます。数取り地蔵様は、高野山にお参りに来られた回数をつけていらっしゃいます。人は亡くなると閻魔様の審判を受けます。嘘をついたり、悪いことをしたり、悪口を言ったり、
人は罪を犯しています。天国に手放しでは行かれないかもしれない。。と、心当たりのある方は、数取り地蔵様にお詣りをされた方がよさそうです。「高野山に○回、お詣りに来てますから、地獄に行かせるのは許してやって下さい」と、閻魔様に交渉して下さるのが、数取り地蔵様です。心当たりのある方は、どうぞお詣りされて下さい。数取り地蔵様のノートに、間違いなく記入していただくために、住所、氏名、生年月日など自己紹介をされて下さい。高野山駐在は明日のお昼まで。ウチの暴れん坊たちを思い「ウチの空ちゃんの歌」を高野山内の道を歩きながら口ずさんでました。

高野山

d0339676_11275961.jpg

今日から高野山に駐在し、布教をしています。総本山金剛峯寺に高野山参与会の説田さんが、法話を聞きに来て下さいました。秋のお彼岸以来のお当番なので、感覚を取り戻すまで、一回目の法話は、ぎこちない所があったかもしれません。説田さんのように、今日もお大師様大好きな方々が大勢来られました。明日は奥の院なので、もっともっとお大師様のお近くに1日中居られます。でも高野山はまだ冷えます。夕方になったら、内側がネルの足袋をはいてても足の先が冷たいです。私は、弘法大師空海・お大師様の修行時代にとても魅かれます。だから遍路や水行、霊山行(れいざんぎょう)をしてお大師様の後を辿らせていただいてるわけです。そのお大師様の修行時代に、「何度、岐路に立って泣いたことか」と、お大師様は書物に残されています。ほっとさせてもらえる一文です。やっぱり、お大師様だって、迷われたり、壁にぶつかったりされたんだ。。と、思うと、人生は、やっぱり誰もが、山あり谷ありなのだから、無理をしないで頑張ろう!と、元気が出てきます。

高野山高等学校

d0339676_11275984.jpg

世界遺産・高野山で、今日は本山布教師の総会があり、始発電車で向かいました。そのあと高野山高等学校へ。今日の高野山は暖かでした。といっても海抜千メートル。まだ寒いです。今年から、高野山高等学校の特任講師を拝命いたしました。高野山高等学校って、いろいろ興味深い特長があります。通えない生徒さんは寮生活できるし、寮の先生は僧侶です。普通科には、スポーツコース、特進・自己探求コース、介護福祉士コース、それから宗教科もあります。先生と生徒の関係が厚く、高野山という聖地の自然の中で皆と一緒に学んで行きます。問題や家庭などに深い事情のあった子供たちが、高野山高等学校に進学し、少しずつ変わって行きます。校長先生は、穏やかで温かな心の持ち主ですが、立ち止まって満足していない、ポジティブパワーをたくさんお持ちです。そして宗教科の富田先生が、またいい先生なんです。布教師になるための講習会が年に2回一週間ずつあるのですが、私はその間、食欲も睡眠欲も失い、食べれない眠れない、お茶紅茶を飲むだけの厳しい毎日をすごし
ていました。そこで隣の席だったのが富田先生。ずいぶん助けてもらいました。富田先生の僧侶としての美しい所作を隣で盗み見させてもらうだけで、心がホッとしたものです。その富田先生は、姿は優しいお坊さんなのに、生徒のこと学校のこととなると熱血なんです。神戸新聞や中日新聞の文化センターで、ノンフィクション講座を持たせていただき、大人たちには教えさせてもらいましたが、高校の教壇に立つのは、教育実習以来です!しかも共学。私は日大豊山女子高等学校に行かされたので、男子高校生は初めてです。一年間、少年院に毎週通ったのも女子少年院・榛名女子学園でしたし。。共学で教えられるなんて、怖いような嬉しいような、新しいことって、わくわくしますね。そして、回を重ねると必ず壁にぶつかるものです。でも壁は、私を成長させてくれるチャンスです。早く壁が来ますように。。そのためには、頭が悲鳴あげるくらい、たくさん勉強しなくては。。本当に勉強しなくては。。と、今自分に言い聞かせている私です。

大丸梅田店・カフェラの景品

d0339676_11280066.jpg

先月、春メニューを食べるとくれるチケットを三枚貯めて、缶入りチョコをもらいました。5個しか入ってなくて、しかもチョコは駄菓子屋さんのチョコみたいと文句たらたらブログに書きました。三月は、春メニューを食べると缶入りキャンディを貰えるとチケットに書いてあったので、缶なんかいらないけど、キャンディはどんなやつか見たいと思い、また性懲りもなくチケットを三枚貯めました。で、今日、レジで貰おとしたら。。。キャンディでなく、同じ缶入りチョコ!ガクッ。いらないと言ったら、「感じ悪い」と思われそうなので、「そのチョコまずかった」と、大阪だから言わなきゃ損と、余計なことを一言だけ言って、貰いました。タダで貰うのに、文句たらたら。。でもこの缶チョコを貰うためにオーダーする春メニューは、本当にとても美味です。定番メニューより、もっともっと美味しいです。前回は、がっかりさせないよう中身を写しませんでしたが、同じ物がまたウチにやってきたのも、深い縁を感じるので、写してあげました。ポイントやスタンプ集めとか、景品を
貰うために買うとか食べるとか。。やめられません。お財布が、そのために二倍膨らんで、ポイントカード入れ部分がないお財布は、いくらかわいい猫柄でも買えません。絶対貯まらないポイントカードは持ちませんが、名古屋や福岡、大阪、東京。。と、あちこちのカードまで持ってるのが、私のしょうもない自慢です。今日はこのカフェラで、今書いている小説の原稿チェックをしていました。大好きな登場人物である新之助様が出てくるシーンでしたので、楽しかった。。明日は高野山で布教師の総会です。始発電車は、ちょっとしんどい。。だって、いつも寝る時間に起きないといけないのですから。

本・あなたから逃れられない

d0339676_11280031.jpg

小池真理子さんのサスペンス作品が大好きなのですが、この本(集英社文庫)は読んでなくて、しかも地方のたまたま入った本屋さんで見つけて、ウチの「まだ読んでいない本の本棚」に、半年くらい置かれていた本でした。小池真理子さんの本のタイトルって、色っぽいというか優しいというか、なになに殺人事件というタイトルはありません。この「あなたから逃れられない」は、読み始めてまもなく、(やだな、やだな)と、思いながらページをめくっていました。これは、読むのをやめられなくなる本と、わかってしまったからです。美しい年下の男と不倫関係になったお金持ちの人妻は、本当に平凡な考え方をしていたはずの女性でした。だから死体を遺棄した現場に近い所なのに、ヒッチハイカーを車に乗せてしまうし、たかりを企てているヒッチハイカーの呼び出しに応じてしまうし。。絵に書いたような普通のことをする人。平凡でなかったのは、彼女の廻りの全ての人でした。でも最後の最後に彼女は、恐ろしいことをしながら笑っているという、一番凄い
女性と判明するのです。松本清張さんの本も大好きですが、松本清張さんの描く女性は最後に不幸になることが多いのです。でもこの本は、不幸になりません。小池真理子さんは女性に特に、お優しいのかもしれませんね。あかんあかんと思い、途中で無理やり止めて、仕事に行ったり、水行に行ったりしていたのですが、今朝からついにやめられず、新幹線の中もずっと読んでいました。ドキドキハラハラして疲れちゃいました。主人公の人妻は不幸になって欲しくない!犯人は途中からわかってましたが、それはどうでもよくて、彼女を不幸にしないで。。その思いで、途中で最後の4ページを斜め読みしました。詳しいことを言うと、これから読まれる方にはありがた迷惑でしょうから、やめておきますが、最後を知って、安心して、前に戻ったわけです。私はサスペンスが大好きで、頭を休めるために、しょっちゅう読んでますが、本に入り混んじゃった時は、時々こうして、最後を我慢できずに読んでしまいます。私が書いているものとは、ジャンルが違い、このような作品は全く書けま
せん。が、とっても憧れます。この本は、1985年に出たものですが、20年以上、増刷されています。時代の古さを全く感じさせない、錆びない作品です。

ホテル・門司港ホテル・福岡県

d0339676_11280194.jpg

この門司港ホテルに多い月は四回、少なくとも月二回は宿泊し続けること14年。ホテルのご配慮で、ずっと同じ部屋に泊まらせてもらってます。気がきれいな、景色もきれいな部屋です。ここはレストラン。今夜も私が、入ったのが一番遅かったので、最後の客になってしまいました。でも薄めのきれいなミルクティーをいっぱいサービスして下さいました。料理長は何代も変わられましたが、行のために肉絶ちをしている「私メニュー」を作って下さいます。前菜のお刺身は、フグや地元関門海峡で取れたての魚が出てくるので、本当に本当に美味しいです。私が門司港ホテルを利用し始めた頃、ベルボーイさんだった男性が、今は総支配人ですから、長い年月の経過を感じます。痒い所に手の届くサービスをして貰えるホテルに泊まると安らかな心になります。枕のサイズやベッドの固さなども、自分に合っていると、体も安らぎます。私も高野山で、沢山の参拝の方々をお迎えする時、心がけたいと思います。今月は、29日午後から31日お昼まで、高野山で駐在布教をしています。30
日は奥の院か総本山金剛峯寺かまだわかりませんが、29日と31日は総本山金剛峯寺です。ぜひ、高野山におこし下さい。桜はまだですが。。

ウチの娘・ジュリアーナ

d0339676_11280196.jpg

送ろうと思ってて送れてなかった二年分の写真、50枚以上と、手紙を30組以上を一度に送ってきました。なんという怠慢な娘。ジュリアーナは、ハワイのアメリカ軍トリプラー病院で生まれた時、1740グラムしかなく、ついたニックネームがチビでした。未だにアメリカで、チビと皆に呼ばれていて本人は、キュートだと、気に入っています。彼女はずっとアメリカにいます。私が耳の病気で、飛行機に乗れなくなって、ずっと会っていませんが、電話は、ちょこちょこ掛け合っています。チビには、いいお母さんがいますが、産みの親のことも、とても愛してくれてます。でも英語しか喋れないし、肌の色や顔つきが違うので、私は彼女が小さい時から、娘というより、一人の可愛い女の子として、主観的客観的に尊重して接してきました。何もかもが新鮮で。。ハイスクールの頃から彼氏が何人か変わりましたが、一年前から付き合っている彼氏はとてもいい人で、元夫ファミリーとも、うまく行ってるそうです。英語が得意じゃない私は、最初、この彼のことをジュリアーナから聞い
た時、DJと言うので、てっきりクラブDJと思ったのです。(よくもてるだろうから苦労するな。でも好きな時は何言っても聞かないだろうし、まあ恋が終わるまで見守ろう)と、ただのろけ話を聞いていた私でした。が、ある日、「DJと一緒に住んでる。結婚したい」と、言い出したのです。よく厳しい元夫が家を出るのを許したなあと思いましたら、「家を出たくて出たくて。。やっとマミーが離婚した理由が解ったわ」なんて理解を示してくれました。「でもね、DJって一生ものじゃないから、彼は将来何か仕事を考えてくれないとね」と、決意して偉そうなことを言いましたら、「何言ってんの?マミー!DJって名前だよ」と、笑われてしまいました。私の英語力はそんなもんです。写真を見ながら、メイクが濃いなあ、注意してやらなきゃと、思いながらも、自分も若い時は濃かったななんて思い出しました。私の予言では、ジュリアーナはDJと結婚しますが、できの悪い母親としては、彼女の望み通り、うまく結婚までこぎつけますよう
願うばかりです。娘に限らず、恋をしている女性を見るのは、楽しくて幸せのお裾分けをもらえますね。

山梨県甲州市・ほうとう

d0339676_11280263.jpg

仕事で山梨県甲州市に来ました。高速を下りたら、「ほうとう」の看板が目立ち、やっぱりほうとうを食べておかないと。。と、七福さんに入りました。とってもとっても美味しかった!にんじん、じゃがいも、かぼちゃ、えんどう、ごぼう、大豆、マイタケ、シイタケ、クリタケ。。3種の味噌味で鉄鍋でサービスされて、体が喜んでいるのが、よく判ります。ちょっと見、名古屋の味噌煮込みうどんに似てます。かつてテレビのロケで、ほうとうをいただいたことありますが、観光客相手のお店より、やっぱり地元の人が沢山来られるお店ですよね。山に囲まれて、目の洗濯をいっぱいさせて貰いました。でも、仕事の方は、スタッフの方が相手に会えず、往復六時間、ほうとうを食べに行っただけという結果になってしまいました。でもまあ、ほうとうが美味しかったから、こういう日があってもいいかな?明日は美味しい美味しいミルクティを飲みに行って、あちこち痛い体を癒して貰おうっと。

大丸・パルコ抽選

d0339676_11280224.jpg

今月26日まで、お買い物券が当たる抽選会をしています。ご覧のように、私ははずれました。レシートを集めて一万円で一本。お買い物券と、もうひとつコースがありましたが、興味がないので全く覚えてません。前に二度、大丸の抽選会を経験してますが、最終日は凄い列になるので、懲りた私は今回早めに行きました。大丸東京店、心斎橋店、梅田店のレシート、中には105円までありましたが、恥ずかしがらず、沢山持って行きました。でもはずれ。昨年末、名古屋駅下エスカ地下街で、味噌煮込みうどんを食べた後、ニット帽子を買ったら抽選券をくれたので、(歳末抽選やってんのに、どうして抽選券をくれないの?)と、また味噌煮込みうどん屋さんに戻って抽選券を貰い、抽選しましたら、一回なのに千円のお買い物券が当たりました。有効期限が短いので、エスカのユニクロで買い物し、また抽選券を貰い抽選したら、また一回で千円の買い物券が当たりました。仕方ないので次は靴下を買いに行き、かわいいので買いすぎて、また抽選券を貰って抽選したら、また
一回で千円の買い物券が当たりました。これじゃあ、来年(平成25年)の運をこのお買い物券で全部使い果たしちゃう!と、思い、今度は抽選できない金額の物を買い、打ち止めしました。金券だけの買い物では、お店に悪いと、余分に買い物しちゃったからまた、抽選券が発生したわけです。地方でも抽選会をやってたら長く並んででも抽選するくらいの抽選好き。各地のはずれティッシュが家には沢山残ってます。でもティッシュでもくれたら救われますが、はずれは何もなしというのは、むかつきますよね?ストレス解消のつもりが、余計にストレス貯まっちゃいます。それでもスタンプカードや抽選が大好きなので、やめられません。26日までなので、結局またレシートを集めてあと一回の抽選に賭けるかもしれません。それをしないためには大丸に近づかないことが得策ですが、大丸百貨店が好きなので、ご来店ポイントも貰えるし、すぐ近づいちゃうのです。