<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ホテル・名古屋マリオネットアソシアホテル

d0339676_11265888.jpg

すっごい何だか疲れが出て、このまま新幹線に乗れないと、寄り道しました。本当は、紅茶の銘柄がいくつかある名古屋ヒルトンに行きたいのですが、そこまでの元気がなく、第二希望の名古屋マリオネットアソシアホテルへ。このタワーホテルは、名古屋駅にあります。一階のバー・ティラウンジは、よく使わせて貰うのですが、タバコの煙が来るので、余計ストレスになり、今日はパス。上階で、名古屋の景色を見下ろしながらと思い、コーヒーショップ・バーゴラに行きました。暗いので上手く写りません。ちょうどバイキングディナーの最中で、最初から「お茶だけ」と、言ってしまった私は、安価からか、あまり景色のいい席に案内されませんでした。でも、視界に入ってくるのは、大きなカニの足。みんなお皿に山盛りです。カニの匂いに浸りながら、見辛い景色を見て、それでも運ばれて来た紅茶の匂いを飲む前に嗅いで、(ああ、いい匂い)と、頭が痺れて行きます。あまり嗅いでばかりいると、変な姿なので三回でやめました。匂いは、時としてストレスになりますが
、ストレスを解消する手段にもなります。私はアロマが苦手なので、いつも紅茶の香りで癒されています。日本ではあまり紅茶は作られませんが、今年、日本一暑かった高知県四万十市では、四万十紅茶を作っています。

講演・栃木県真岡市

d0339676_11265805.jpg

真岡市で真岡地区暴力追放の大会があり、お話をさせていただきました。講演写真を取り忘れました。お土産に、益子焼をいただきました。「お好きなミルクティを飲んで下さい」って。ミルクティのことを考えて下さったのが嬉しくて、本当はその場で開けさせてもらいたかったのですが、新幹線の時間ギリギリだったので、新幹線の中で、開けちゃいました。隣の席の男性に、何をやってるんですかと、質問されちゃいました。新幹線の中で、陶器を出してるのを見たのは初めてです、とも言われました。早く見たくて我慢できなかったのです。作者は凄い方で、明石庄作先生。栃木県文化奨励賞と伝統的工芸品産業功労賞を受賞されています。ミルクティの色に、凄いマッチする色です。柔らかで温かい。。今日、講演でも、思いやりある温かい町作りをして、町の人を守り合うというお話をさせていただきました。今日、大好きなマリアージュ・フレールのイングリッシュ・アールグレイの紅茶もいただいたし、このティカップにミルクティを注いだら、どんな色に見えるでしょうか。。そ
れが、とても楽しみです。隣の席の男性は、芸人さんでした。陶器を出したお陰で話もできました。「ジョニーは戦場へ行った」という本を持ってらして、「いい本は残りますね」と。残る本を書きたいです。

銀座・レストランダズル

d0339676_11265884.jpg

銀座の真ん中、プランタンのはす向かいに、こんなに空間を贅沢に使ったレストランがありました。奥の天井まであるのは、酒棚です。天井はライトをぶら下げているだけで、遊ばせています。もったいないくらいの空間、銀座だから狭くても仕方ないという概念を見事にひっくり返してくれました。この空間のおかげで、値段が関係なくなってしまいます。2フロアーあり、下はバーと、オープンキッチン。上がレストラン。料理は、いかようにも好みを聞いてくれます。隣のカップルが、お誕生日らしく、すごい素敵なデザートを出されて写真を写してたのを見て、ようやく撮影しないで、ぱくつき喋りをしてたことに気付き、食べ物はもうなくなってました。外に出ても、さすが銀座、町はきれいです。いい気分にさせてもらえた夜でした。

NIKEのスニーカーと天ちゃんの背 中

d0339676_11265810.jpg

私は豹柄と、カムフラージュ柄が大好きです。だからベンガルの天ちゃんに、いつも「かっこいいねぇ」と、言っているのですが、カムフラージュ柄も大好きです。昨年、NIKEで、こんなに素敵なブーツのようなシューズを見つけて、即買いしました。ところが、好きすぎて、とても履くことができませんでした。私は靴が大好きなので、感激して即買いし、ずっと、箱に入れたまま飾っている靴が少なくありません。でも靴は履いてあげないと、老化が進むと知り、今日、天気もいいので、泣きそうな思いで履きました!人から誉められても、あんまり喜べず、私の足によって、この素敵なシューズが消耗されていくのかと思うと、申し訳なくって。よく「何なにに足を向けて寝られない」と、言いますが、私の場合、踏んづけているのですから。履く前に記念写真を撮ろうとしたら、いつものように「何?なに?」と、天ちゃんが野次馬しに来ました。どいてくれないので、一緒に撮りました。豹柄とカムフラージュ柄。。いいコンビネーションです。

ホテル・ヒルトンプラザイースト。

d0339676_11265971.jpg

ヒルトンプラザイーストの4階、カフェ・ド・グレースは、大好きな紅茶カフェです。アールグレイをいつも、とってもまろやかに煎れて下さいます。ハロウィンにあわせて、「いちじくのタルト」が、とっても可愛いです。今日もお見合いカップルのお客さんが来ていました。会員制のお見合いデートの初日の初お茶の場に使われるようで、このカフェは、土日、ういういしいカップルがあちこちにいて、耳も目も楽しませてくれます。初デートなので、お互いが会話の中で、仕事、好きなこと、家族のことなどを聞き合います。その内容が、すっごい興味深いのです。隣の席は、女性が、さかんに子供は好きかと聞いていました。男性の返事もまんざらでなく、このカップルは結婚まで行きそうと思いました。反対側の席では、60代前半のカップルのデートで、男の人には妻がいるのに(会話の中で妻について喋っていた)、一生懸命、女性にアプローチしていて、(今、とても多い、山カップルかな?山ツアーで、よく高齢カップルが出来上がるのです)女性も楽しそ
うでした。右はお見合いカップル、左は高齢不倫カップル、左右とも幸せそうで、私も、大好きなアールグレイのミルクティーを理想的な煎れ方をして貰って幸せで、なによりでございます。

ゼブラのシーサイン

d0339676_11265990.jpg

大変なことになってました!ゼブラのシーサインが販売されなくなっていたのです!私はこの150円のゼブラのシーサインの黒で、原稿を書いています。原稿を書く日は、1日1本を使い切ります。いつも、100本まとめ買いして、最低100本はストックしてたのですが、大丸百貨店東京店で、200本を確保した後、安心してたのが大失敗でした。残り100本になったら大丸百貨店で、また注文しようと思っていて。。いよいよ100本しかストックがなくなったところ、私のホームページを編集して下さっている方が、「商品リストにありませんよ」と教えて下さり、真っ青です!それでも、販売しなくなったとはいえ、残りを破棄するわけないだろと、大手文具店に行って、メーカーさんに聞いて貰ったら「在庫もありません」と。わあ!シーサインなしで、原稿を書けない!どうしよう!もったいないので、原稿以外のファックス原稿などは、シーサインの赤や青を昨日から使うようにしています。私はパソコンを昔に止めてるので、すべて手書きです。困った困った。遍路や講演
で地方の文房具屋さんの前を通りかかったら、必ず寄って、シーサインが残ってないか聞かなくては。シーサイン、シーサイン。よく失恋した人に、「あの人の代わりは、いるわよ。もっといい人が必ず見つかるわよ」と、慰める人がいますが、慰められた人は(あの人の代わりなんて居やしないわ)と内心思っています。私もそうです。シーサイン黒の代わりなんてあるわけないわ。。と。でも代わりに巡り逢わないと、原稿書けないし。。。ずっと元気を失っている私です。

高野山高等学校

d0339676_11265965.jpg

高野山高等学校で特任講師をさせていただいています。先生が授業風景の写真を送って下さいました。男の子が多いですが、女の子もいます。高野山高等学校は、お坊さんになるためだけの高校ではありません。普通科の特進コースと、自己探求コース、スポーツコース。それと宗教科です。寮に入る生徒がほとんどですが、スクールバスで通う生徒もいます。先生と生徒がとても密に学校生活をしてるので、先生が生徒一人一人をよく見ているし、知っていると感じます。家に問題のある子や、学校に問題のあった子もいます。でも高野山高校に行って、先生のいない場所にいる生徒の素の姿を見ても、(いい学校だな)と、私の顔が笑顔になっていることに気づきます。宗教科の富田先生は、布教師の講習会(というより、「長期籠城めちゃめちゃきつい修行」という名の方がふさわしいです)の時の同期です。富田先生の生徒になりたいと、私が思うくらい、優しく厳しく、よく動く熱心な先生なのです。

水行(すいぎょう)

d0339676_11265968.jpg

台風が近づいてますが、予定通り、いつもの地に水行に来ました。雨は覚悟していましたが、波浪注意報も出てしまいました。でも神様は、すごいお優しいです。少しでも安全に、お行ができるよう、満潮を今夜、なくして下さったのです!いつも神様は、例えば大寒波が来て雪が降っている時、台風や大雨の時、強風の時など大変な条件になると、なにか一つ救いを下さるのです。その代わり、何でもない時は、プラスアルファで、さらに行を難しくされ、帳尻を合わせられるのです。今夜一回目の水行が終わってホテルに戻った途端、雨が強く降りだしました。今夜は来月3日の石鎚山の前行ができる最後の夜です。雨が強いので、空が本当に暗いというか黒いです。でも、雨の日の水行は、海の水だけでなく、雨もいろいろと禊(みそ)いで下さるので、雨の日の水行のあと、自分の顔を見ると、ものすごく目がきれいになっていると発見します。各地の災害が心配ですから、龍神様に暴れていただき、台風の背中を押してスピードを上げてもらいたいです。

ネコ・空ちゃんと柿

d0339676_11270084.jpg

秋は、果物好きの空ちゃんにとって、とても嬉しい季節です。空ちゃんの大好きな柿をはぐはぐと食べています。桃、さくらんぼ、青肉メロン、スイカ、ぶどう、ラ・フランス、柿、博多のフルーツ店・鳥巣の小さなみかん、そして、柿が、空ちゃんは大好きなのです。柿は、私が硬い方が好きで、空ちゃんは柔らかくなった方が好きなので、仲良くシェアできます。空ちゃんに見つからないよう、そっとナイフを出すのですが、おっとりお坊ちゃんの空ちゃんは、どうして分かるのか飛んできます。 甘党のネコは、「3丁目の夕日」に出てきますが、うちにも果物好きな空ちゃんがいます。少し寒くなってきたので、みんな、さらに私にくっついてきて可愛い可愛い。でも糖尿にならないよう、空ちゃんの果物好きには気をつけなくては。。

戦没者供養

d0339676_11270011.jpg

毎年10月に愛知県下で、144名の戦没者供養をボランティアでさせていただいて11年目になります。今日は、供養の最中だけ雨が降らずにいてくれました。144基のお墓、1基ずつの前に立ち、般若心経をあげて行きますと、一人一人いろいろと、仏様がおっしゃってくれます。それをご遺族にお伝えするのです。食べたい物や、包帯やガーゼ、薬、熱いから氷とか、寒いから毛布とか。。今日は、「空がきれいで青いなあ」と、生前の記憶を語った方がいました。どこで見たんだろうと思ったら、船の上でした。戦艦ヤマトに乗っていて亡くなったと、お墓に刻まれていました。また天女が現れたお墓もありました。「本当に辛くて我慢して、誰にもその辛さを言えなかったんだけど。。実は辛かったんだ。でも今は違う」と、答えた仏様。実は、両足を負傷し、人に迷惑をかけまいと手榴弾で自殺をされた方でした。その事実を知っている人が初めて遺族に本当のことを、つい最近知らせたそうです。「私は国のために誇りを持って闘った」と、言われた方、「飛行機(空を飛んで
いる戦闘機のこと)が怖い」と言った方も。。戦争経験者の言葉は、心に痛く入り込みます。 同じ思いを決して、人にさせてはいけない。。戦没者供養をさせていただく度、そう思います。終わるといつも、半田市にあるお寿司屋さん「魚由」さんで夕食をいただきます。また、写真を撮るのを忘れ、ぱくついちゃいました。とっても美味です。ジャイアンツ話も寿司職人さんとできて良かった!