<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

榧の木製品・小田急百貨店

d0339676_11265370.jpg

弘法大師空海が、遣唐使として806年、中国に渡り、二年後、日本に戻られました。その時、持ち帰ったのが、榧の木の種です。お大師様は、榧の木を育てるよう広められました。その榧の木は子供のうちに、すぐ動物に食べられちゃうそうです。生き残り、大人の木になるまで、果てしなく長い年月を必要とします。その榧の木で、食器や、まな板、お数珠、また以前にこのブログに登場した線香などを作っていらっしゃる高知市の前川種苗店さんが、新宿の小田急百貨店の八階の食器売り場でお店を出していると、高知のボンドガール(人と人とをくっつけるのが天性の上手さという女性で、このブログにも何度も登場しています)から知らせを受け、小田急百貨店に行ってきました。このブログで大丸デパート以外のデパートが登場したのは、確か初めてです。その榧の木製品と一緒に、ボンドガールもいらしてたので、食事をしながら長話をしました。人と人とをくっつけるのが天性ーそれは私にないものなので、ボンドガールのことを私はとても尊敬しているのです。彼女の
人に対する距離感と優しさ、穏やかさが、とても心地いいのです。着物を着ていたボンドガールは、太陽のイメージ・高知の匂いが感じられなく、東京にうまいこと溶け込んでいました。

講演・安中市(群馬県)

d0339676_11265337.jpg

安中市(あんなかし)人権教育講演会で、「一緒に生きていきましょう~エイズボランティアで私が出逢った人たち~」についてお話させていただきました。エイズについてテーマをいただけたのは、久々です。アメリカでのホームナースのボランティアを通じて、「私を抱いて そしてキスして~エイズ患者と過ごした一年の壮絶記録~」という本を書き、大宅壮一ノンフィクション賞をいただきました。日本では、トイレや受話器で感染すると言われていた時代です。今日はそのボランティア時代の一年間と、安中市近くの榛名女子学園という少年院での一年間について話をさせていただきました。安中市では、3つの「日本で初めて」があります。マラソン、図書館、そして温泉のマークです。とても文化的な町です。ランナーが侍などに仮装して走る「侍マラソン」が有名ですが、侍の格好して走っている姿の写真を拝見すると、かなり大変そうです。でも楽しそう。。妙義山の裏妙義の象徴である丁須の頭は鎖がけで頂上まで登れるそうで、絶景です。凄いきれいな自然だ
らけで、あれこれ楽しめそうです。山好きなら、この裏妙義はたまらないと思います。

AIGLE(エーグル)のレインブーツ

d0339676_11265371.jpg

山製品ブランドのAIGLE(エーグル)で、前々から狙っていた紫のレインブーツをついにゲットしました。照明に色が加わっているので、青っぽく見えますが、ま紫です。短いブーツと長いブーツがありますが、短いのも可愛いけれど、この長いブーツは、もっともっと可愛いです。履いた途端に、「かわいい!」と、言ってしまいました。レインブーツを履くような山には私はご縁がありませので、あくまでもゲリラ豪雨のためのブーツです。前々からディスプレイされてるのを見て、買いたかったのですが、手に入れてしまうと、大雨を楽しみにしてしまいそうで、まして私は雨女。台風シーズンがすぎるまで、ひたすら我慢していたのです。雪の季節になったのと、昨日から大丸デパートがポイントアップ期間に入ったので、ついに手に入れました。嬉しくてお店で撮影しちゃいました。お客様がいるのに、照明が暗いと、商品を棚からどけてもらったり、ご迷惑をおかけしました。紫はマイカラーと決めて、いつもどこかに紫を身につけるようにしているのですが、こんなに、ま紫
の物が自分の元に来てくれたことが嬉しくて嬉しくて。。でも昨夜だって、高知の大雨で、電車が遅れているのです。このブーツを履くことなく、家に飾っておいたまま、眺めては喜んでいるのが一番です。抱きしめたくなるくらい可愛いレインブーツです。でも、なんでも噛んじゃう天ちゃんの餌食にならないよう、気をつけなければ。。

丸亀城(香川県)

d0339676_11265403.jpg

とてもきれいなので、丸亀市役所の横から撮ったのですが、ちっちゃくしか写りませんでした。白く写っているのが丸亀城です。遍路だと昼間ですから、丸亀城をもっときれいに写すことができるのですが。。今日は、元・榛名(はるな)女子学園(少年院)の園長先生で、教育長に会いに行きました。先生は、常に子供の言動には理由があり、なぜそう言ったのか、なぜそういう行動を取ったか、子供や親と一緒に考えていかれます。すぐに「ダメ!」と叱るのが多くの親。その前に、「なぜ?」と考えたら、親の言葉が「ダメ!」でなく、違う言葉に変わっていたかもしれません。丸亀の夜は、海が近いので寒く、風が冷たかったです。あんなにいい天気だったのに、また雨です。また雨を連れてきてしまいました。高知が大雨で、電車が遅れています。

水行(すいぎょう)

d0339676_11265410.jpg

日本海にある、いつもの行場のある街です。クリスマスライトアップの後ろは海です。今夜の水行は寒くて寒くて、しかも凄い強風で、海近くを普通に歩いていても時々飛ばされました。それで海が大荒れに荒れて、海がえぐれてゴーゴー音をたてていました。急に寒くなったため、体がまだ寒さに慣れていません。その行場は、12月に必ず大寒波がやってきて、吹雪ます。そして、必ずその大寒波の夜に、私の行の日に当たるのです。2月の大寒波より12月の大寒波の方が体は大変です。それは体がまだ寒さに慣れてないからなのです。2月の行も強烈に寒いですが、2ヶ月冬を過ごしているので体が諦めているというか。。今夜は海がえぐれているため、いつもより長く海に入りすぎました。濡れた体に強風が吹き付け、早くも指が凍傷の前段階になってしまいました。いつも12月に軽い凍傷になるので、今からこんなんじゃいけないのですが。。行をしている時は必死ですから、寒くても寒いと感じてられないくらい大変なのですが、結界を切って上に上がった途端、全身が踊るように
震え出します。今夜は、自分でも滑稽で一人で笑っていましたが、大寒波の時は、気づくと勝手に涙が出ています。年中、水行をさせていただいているのですから、冬を抜かすわけにはいきません。「冬がきましたね」神様に申し上げました。3月末まで、厳しい寒行が続きます。

煮込みうどん・名古屋・山本屋本店

d0339676_11265439.jpg

いっぺん食べてみりゃー。名古屋といえば煮込みうどんだわ。私は愛知県出身ですから、まだ名古屋弁を少しは覚えています。私はこれが大好き!これは普通の「煮込みうどん」の大盛で、ネギ抜き、肉抜きです。私は行のために肉絶ちをしてますが、普通は、「かしわ」入りです。また値段は高くなりますが、名古屋コーチン入りは人気です。私は時々、これが食べたくて食べたくて禁断症状が起こります。で、名古屋駅地下街・エスカの山本屋本店に行きます。お腹がすいてなくても食べられます。普通サイズでは、美味しすぎるので足りません。いつも大盛です。麺は、初めての人はビックリされますが、硬いんです。でも、ただ硬いのではなく、食べやすい固さなのです。味噌は濃くて、全国にある味噌煮込みうどんと、名古屋の味噌煮込みうどんは違うでいかんわ。東京のもんじゃと地方のもんじゃとが全く違うのと同じだがね。夏でも、ふーふー言いながら美味しいですが、これから、まっとまっと美味しい季節になりゃーす。

八ヶ岳

d0339676_11265480.jpg

長野県茅野市から見た八ヶ岳です。綺麗に彩りを見せる八ヶ岳を眺め、目が洗われ、活力を得ることができました。中央アルプスには、ご縁がまだなく登ったことはありませんが、眺めているだけで山に登り始めたような嬉しさを感じます。土を本来のあったべき、もとの土に戻すという素晴らしい技術と力を持たれた某先生は、現在福島の回復のために、その活動をされています。その素を作っている拠点が茅野市にあり、心や体が病んでいる人が、そこで時間を過ごすと、本来の自分の体に戻って行けるのです。私も空気の違いを実感しました。戸外なのですが、一歩そこに移動するだけで空気の感触が全く違って柔らかいのです。私も体内を新鮮な流れに換え、帰路についたのですが、行きも帰りも、「あずさ」の中、車内ほとんどの人が咳をしていて、しかもマスクなしで、中にはずっとずっと咳をしているオヤジもいて、これでは咳の飛沫を全身に浴び、マスクしてるだけでは、予防できません。帰ったら全部衣類を消毒や洗濯しないと。。どうして、人に移してはいけない、移された人
が風邪を引いて弱っている所にウィルスがきて肺炎やインフルエンザになり、命を落とすことだってあるから、と思いやってくれないのでしょうか?私は、階下からの受動喫煙によって肺に病気を持たされてしまったので、風邪にかかったら大変なことになっちゃいます。それにしても、イヤな見知らぬオヤジの体の奥にあるウイルスや痰や唾を乗車中の二時間、全身に、咳や咳払いによって浴び続けさせられているって、嫌なことですよね。

茅野市・つくしんぼコンサート

d0339676_11265437.jpg

長野県茅野市の彩春(つくし)で、ドラムとパーカッションと、チェロと35弦琴の中井智弥さんと、歌のコンサートがありました。演奏中は撮影できないので、パンフレットを撮影しました。素晴らしかったです。すぐ近くで聞けるなんて。。パーカッションに、魂を揺さぶられました。でも茅野は寒いです。ダウンジャケット着て、パンツ履いてて、靴にカイロを入れていても寒いです。彩春では、年に二回コンサートをされてるそうです。コンサートの後に出た料理の美味なこと!すべてオーガニックでした。

講演・岐阜県・中濃法人会文化講演会

d0339676_11265431.jpg

岐阜県関市で、中濃法人会様主催の文化講演会がありました。「一緒に生きて行こう!!」あなたの愛を求めています というテーマで、お話させていただきました。岐阜は寒かったです。いい天気だったのに、やっぱり私は雨女、講演が終わったら冷たい雨が降っていました。講演で、雨女だからと雨の話もしていたのですが、「ほんとに雨が降っててるよお!」と、お客様もびっくりして叫んでました。今日、サイン会の時、二通のお手紙をいただきました。一人の女性は癌と闘った方で、手作りのガラスの「とんぼ玉」を下さいました。新幹線の中で箱を開けて手にした途端、その女性のきれいな魂が伝わってきて、涙が溢れてしまいました。もうお一人は、私のデビュー作品、「俺の肌に群がった女たち」から読んで下さっている女性でした。いろいろご苦労もされ、その節目節目で私の本に出会って下さったそうです。温かいお手紙に、私も頑張って、これからも本を書いていかなければ。。と励まされました。そして、そういう方々に訪れて欲しいので、いつか私のミニ駆け込み
寺が欲しいと願うのです。

遍路・宿毛市。カフェ・グランマグランパ

d0339676_11265485.jpg

宿毛駅(すくも・高知県)から徒歩4分くらい手前、幡信用金庫前のバス停近くに「カフェ・グランマ・グランパ」があります。毎年そこに寄り、モーニングや食事をするのが、大の楽しみです。モーニングだけで6種類くらいあります。私は肉絶ちをしてるので、ゆで卵抜きのモーニングですが、代わりに何か足して下さってるようです。これにドリンクと、美味しいスープがついて、500円!安すぎて、でも美味しくて、いただく私が申し訳ない気持ちになります。ただミルクティのミルクが、コーヒーフレッシュなのが、残念なこと。紅茶にコーヒーフレッシュは、ちょっと。。。それと、禁煙でも分煙でもなく喫煙自由なのが難点ですが、宿毛市に入ったら、ここに寄ろうと楽しみに歩いてくるのです。四国の中で、いくつも、いいお店に出会うことができました。疲れを癒してくれるので、また元気を取り戻し、歩くことができるのです。