<   2014年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ネコ・ベンガル

d0339676_11263902.jpg

「空ちゃんの実家」(空ちゃんと出会ったネコ屋さん)に寄ったら、ベンガルがいました。女の子です。うちの天ちゃん(通称あほちん。男の子)も、こんなに小さかったのにな。。8キロになってしまいました。今朝、寝てる空ちゃんに、いきなりあほちんが飛びかかって行き、びっくりした空ちゃんが声をあげたので、私があほちんを空ちゃんの前に連れて行き、「ごめんなさい」しながら、太股をバチンと、仕置きしました。これがうちの謝り方で、昨夜は、あほちんが海ちゃんに謝りました。ところがあほちん!ゴロゴロ言って怒られているのです。仕置きされてるのに、遊んで貰ってると解釈して楽しんでいるのです。でっかくて太股も逞しいので、痛くなく痒い程度なのかもしれません。困ったヤツです。生後2ヶ月に満たないこのベンガルちゃんのガラスに「ベンガルはいたずらっ子で。。」と書いてありました。確かにそうです、手がかかります。大人になってもお子ちゃまのままです。でも大人になると、素晴らしい豹柄です。

サンドイッチファクトリー

d0339676_11263946.jpg

大阪市西区靱(うつぼ)公園に面している素敵なサンドイッチ・カフェ・レストランに行きました。前々から、いいと聞いていたのですが、ついに探しだしました。靱公園をテラス席から眺めることができます。ぼーっとしたり、読書したり、凄い数あるサンドイッチを食べたり、紅茶の銘柄もたくさんありました!もっと早くに見つけたら良かった。。初めて探索歩きしてみましたが、靱公園の回りにはいろんなお店があるのですね。講演エージェントさんのシステムブレーンさんがあるので、ビジネス街だけと思っていました。行けるカフェが増えたのは、とっても嬉しいです。フィレオフィッシュ(タルタルソース抜き)とイチゴ生クリームのサンドイッチを薄めのアールグレイのミルクティと一緒にいただきました。とーっても美味でした!

門司港ホテル

d0339676_11263974.jpg

きれいなメインディッシュ!行のため肉絶ちを15年間している私のために、私の好きなものばかりで、コースを作って下さっています。料理長は何人か代わられました。でも何も言わないでも、出して貰えるコースは、はや八年間も続けて下さっています。これからもそうして下さると思います。このホテルに私は月に数回以上お世話になるので、とても大事なことなのです。関門海峡近くで捕れた新鮮な魚介類を出して下さいます。薄めのミルクティもいっぱい飲ませて貰えて、笑顔も貰って、いい気分で翌日からの活力をいただきます。人の喜ぶことをすると、その人が笑顔になり、その笑顔を見て、喜びを与えた人が喜びを感じる。幸せの循環がもっともっと大きくなりますように。

水行(すいぎょう)

d0339676_11263934.jpg

今朝3時すぎからの水行は、凄い寒かったです。24日、昨夜の水行は、風の名所ですが、風が強くなかったので、少し寒さをしのげました。なんと、塩をホテルに置いてきてしまい、行場にこびりついて残っている微かな塩らしきものを指につけて代用しました。とても結界を作るだけの塩はなくまた失敗。。水がとても冷たかったので、さすが体は正直ですね。あかぎれが行の最中にできました。親指で3箇所弾けたので、痛くて痛くて。。日にちが代わり今朝の水行は、さすが2月と思いました。物凄く痛冷たい(いたつめたい)。弾けたあかぎれが、もっと深く広く弾けてジンジンしています。今朝は潮の流れが、怖いほど早かったです。これは流されると、いつもよりさらに慎重に海に入りました。帰り、ホテルに戻るとき、きれいな三日月を見つけました。(ここにいたんだ。。)霧が出ていたので、探しきれなかったのです。美しい自然を見ると心が優しくなります。その優しさを世俗でお返しして行かなくてはと思います。今日、ここに無事に来させていただ
いたこと、無事に行をさせていただいたこと、美しくしとやかな三日月を仰がせていただいたこと。。すべての巡り合わせに感謝です。

日航ホテル大阪・弁慶

d0339676_11263922.jpg

なんてきれいな!春の兆しの感じられるお料理でしょう。外を歩いていても春が近づいているのを感じます。でも、水はまだまだ冷たく、水行はきついです。このまま春がくるなんて甘いことはありえません。あと一回は雪もふることでしょう。元野球少年の弁慶の料理長さんの心配りで、私の大好きなタコもお料理に入れてくださいました。大きな窓から、大好きな大丸百貨店を眺めながら、御堂筋のイチョウ並木に季節を感じ、美味しく美しいお料理をいただくのが好きです。その後、梅田で、かつて取材をさせていただき私の本にも載せさせていただいている男性にお会いしました。年齢は増えても、バリバリに元気そうでした。私が黒髪なので、最初わからなかったようです。今夜は水行です。

箱根・ヴィッラビザン

d0339676_11263913.jpg

暖かいチャイを飲みながら、雪に彩られた芦ノ湖湖畔を眺めていると、自分の体と心が離れるような心地よさがあります。春が来たら、箱根は、観光客でごたごたに溢れるので、いい季節に来たと思います。上がホテルというこのレストランは、もったいないほど空間と大きなテーブルを使っています。テーブルは木製で、分厚く、木の特徴を生かして作られていて、見た目がとても、あったかいです。お大師様は、優れた大工さんは、木の特徴を生かして木を切らず、木の曲がり具合を利用して組み立てて、立派な家を建てていくと申されます。人と才能は使いようというわけなのです。

箱根神社

d0339676_11264079.jpg

今月8日にお参りに行こうとチケットを買っていたのに大雪。今日もロマンスカーに乗り、出発直前に箱根湯本から箱根町まで雪で通行止めとアナウンスされて、あわてて降りて。諦めきれずに小田原駅に聞いたらバスが走るかもと言われて、とりあえず新幹線で小田原まで行ったら、通行止めだった国道(あのカーブばかりの山越えです)が午前11時に開通してバスが動き出し、やっと行けました。降りてからも、雪かきで道が半分になり、車の間や道の真ん中を歩いたり。。いつものようにお参りを終えたら太陽が見えてきました。久しぶりの箱根権現様と九頭龍様に再会でき、下の鳥居から嬉しくて泣きじゃくりでした。今日の目的は、人の替わりに神様に謝り、その人の幸せを祈らせていただくことでした。箱根権現様に「受け止めた」と、言っていただき、嬉しかったです。いい1日をいただきました。苦労しても来させていただいて、本当に良かったです。帰り道、ランチの呼び込みをしていて、たまたまそれを耳にした私が、お店に入りました。なんて素敵なお店!箱根
ヴィッラ ビザンという上がホテルで一階が、美味しいレストランとカフェと、素晴らしい湖畔の景色!接客も抜群!すごい穏やかな心にさせてもらいました。おすすめです。

有楽町線永田町駅

ドアが開いた途端、電車の中からホームに倒れて、電車内に膝から下、ホームには膝から上を横たわらせて、気持ちよさそうに熟睡してる酔っぱらいおっさんサラリーマンが。駅員さんがあわてて駆けつけても、びくともしないで、寝まくり。ホームを有楽町線に向かって歩いていた私の目の前で起こったことです。最初、病気で倒れたかと思いびっくりでしたが、車内の人々のしらーっとした顔を見て(酔っぱらいかぁ)とわかりました。電車はしばらく停車しちゃうし、駅員さんは起こすのに懸命だし、車椅子まで持って来てあげて。。写真はあえて写しませんでした。真言宗には十善戒と言って、10のやってはいけないことがあります。その中に、お酒はほどほどに。。という意味の言葉があります。

朝の高野山

d0339676_11264061.jpg

雪の中に「こうやくん」が埋もれています。今朝も寒かったです。雪景色は素敵なのですが、歩くのは慣れていないので大変です。朝は雪が凍っているので、雪ブーツでも滑るときがあります。町の人々は雪かきに早くから働いていらっしゃいます。山から降りると、とてもいい天気。雪が眩しすぎて、シャッターが切れないほどです。でも朝の高野山のキーンとした空気は、聖地高野山の名物です。来月またお世話になりますと、総本山金剛峯寺のお大師様にご挨拶し、南海電車に乗りました。

高野山

d0339676_11264065.jpg

総本山金剛峯寺から、町の中心の方に向かって撮りました。雪かきされてるので雪が少しに見えますが、高野山駅辺りは、凄い雪です。明日は高野山高等学校の卒業式です。バスの中で、お母さんと一緒の生徒さんが声をかけてくれたり、道を歩いてたら、高野山高等学校の校長先生に車から声をかけられて、道の真ん中で立ち話したり、高野山は、とても優しいお山です。でも寒い!寒い!どんどん冷えてきます。今日は、スーツに雪用ロングブーツ、正道会館(長いこと休んでますが、正道空手を習っています)の観戦用コートという出で立ちで、雪対策してきました。