<   2014年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

東京駅丸の内

d0339676_11261569.jpg

中央下に創り直した東京駅の茶色い建物が見えています。下のホームは全て新幹線ホームです。今は土用期間なので、うなぎの伊勢長さんに行ったら、凄い混んでたので、諦めました。土用のうなぎを食べそびれた人たちで、賑わっているのだと思います。同じ大丸百貨店の12階から階下に広がる東京駅を写しました。土用とは春夏秋冬、一年に4期間あります。その時期は、庭に穴を掘ったり、体にメスを入れたり、家の改築を始めたり、壁に穴を開けたりしない方がいいと昔から言い伝えられています。夏の土用は、あと約1週間あり、来月8日に終わります。ちなみに秋の土用は10月20日から始まります。今日、壁にかけてある猫のカレンダーを8月にしたかったのですが、画ビョウで壁に止めているため、土用であることを思い出し、(やっぱりやめとこ)と、止めました。カレンダーを破る(破る式のカレンダー)のもダメと言う方もいますが、私はそれくらいは、やってしまってます。それにしても今日は、1日中、どうしてニンニク臭い人ばかりなのでし
ょう!エレベーターも階段も、エスカレーターも郵便局も新幹線も地下鉄もタクシーも、歩いていても、回りはニンニクだらけ。目はニンニクの強臭で痛いし、喉も痛いし、鼻も痛いし。。みんなニンニクを食べて元気付けているのでしょうか?不思議な日です。

ウチの娘・チビ

d0339676_11261563.jpg

ハワイで生まれ、以来ずーっとアメリカ本土にいるチビ(平均の約半分、1740グラムで生まれた時から、このニックネームで、大きな大人になった今でも、アメリカで皆からそう呼ばれてます)が写真を送ってきました。あまりにタイトで、私が恥ずかしくて着れなくなったジャンニ・ヴェルサーチのツーピースを以前に送ったのですが、憎いくらいカッコよく着こなし、豹柄に合わせて表情もネコ科らしくしています。さすがアメリカ娘!5歳になる前、離婚をし、私は日本に戻りました。5歳の時からチビは一人で飛行機に乗り、フロリダから日本に遊びに毎年来ました。高校に入ってからは通学の車購入代や、めちゃくちゃ高い学費に航空代が消え、さらに私が耳の病気で飛行機に乗れなくなり。。すでに9年会っていません。これからも私は飛行機に乗れないから、もしかしたら一生会えないかもしれません。でもチビの夫が今度、転職してエアフォースに入隊するそうなので、「日本を希望するから、もしかしたら横田基地(東京都福生市)に行けるかも!」と
、チビが喜んでいます。そうなったら、すっごい嬉しい!と、電話で話しているのですが、あれほど入隊するのを勧めていたチビの父親が、娘がフロリダから離れてしまうかもと、すでに淋しがり大騒ぎなのだそうです。結婚した娘から未だに娘離れできないなんて。。

向日葵・日比谷花壇

d0339676_11261673.jpg

私はユリやガーベラなど花アレルギーがあるので、花が怖いときもあるのですが、蓮の花や、向日葵、カスミ草は大好きです。夏の向日葵は、元気をくれます。ただ、黄色い服を着ていると阪神タイガースのファンと見なされやすいと知ってからは、シーズン中、黄色い服は避けています。それだけに向日葵が、とても目に響きます。子供の頃、庭に大きな大きな向日葵が咲いていました。日比谷花壇で向日葵フェアをしていて、うちの仏様方(弥勒菩薩様や不動明王様や毘沙門天様。。方)にお見せしたくて買ってきました。去年、ネコが向日葵をかじったので、ちょっと心配でしたが、今回は大丈夫でした。向日葵を見る度、心が強くなれます。(私もあなたたちのように、いつも前向きに太陽の方を見ていたい。あなたたちは同じ場所にいて動けないけれど、常に太陽を拝もうとしている。私も、首を垂れたい時は何度もあるけれど、体だけは太陽に向けるように頑張ってみるね)などと教えられます。だから向日葵って大好きなのです。

ネコ・海(かい)ちゃん

d0339676_11261666.jpg

私の仕事机の上にある原稿を書く斜め机に寄り添って眠る姿が、あまりに可愛くて。。海ちゃんのシマは、この机上とベッドの上です。私が机に向かっていると、空ちゃんたちが時折「抱っこ」と、言ってやってきますが、机上から海ちゃんが目を見開いて怒った顔して睨み付けています。それでも空ちゃんは「抱っこ!」と、諦めないので、空ちゃんのシマであるリビングルームのソファーの上か、キッチンの脚立の上か、トイレの中で抱っこします。みんなそれぞれシマが決まっていて、見ていてとても面白いです。シマ内にいるので、海ちゃんは安心して、この通り眠っています。ベッドの上では、最初から朝起きる時まで、海ちゃんが私と並んで眠っています。いとおしくていとおしくて、ニコニコで抱きしめちゃいます。海ちゃんは、親の愛情を知りません。あまりよくないブリーダーからネコ屋さんに来た可愛そうな娘でした。愛情を知らないから、愛するということをいっぱい教えていきました。愛されることを学んだ海ちゃんは、心を開き、愛情を返してくれるようになりました。

ガーデンシティクラブ大阪

d0339676_11261610.jpg

大阪・梅田のハービスプラザにある会員制クラブ、ガーデンシティクラブ大阪に招待いただき、打ち合わせをさせていただきました。外は天神祭で大賑わいでしたが、このクラブの中は、ここが大阪とは思えないほど、東京チックで、穏やかで、かっこいい雰囲気に満たされていました。星形のアイスが、とってもきれいで、ちょっと嬉しかったです。これだけでなく、全ての料理が目を楽しませてくれました。全国的に猛暑。ベタつく汗さえ抜かしたら、私はこの暑さが大好きなのです。遍路で四季に合わせて歩いている私は、それなりに自然に合わせられる体作りを10年間してきたつもりです。ただ、今、風邪をひいている人が、とっても多くて、マスクしている人は、特急や新幹線の同じ車両で私だけ。予防でマスクをしてるのに、あちこちでマスクなしで咳されたら、移ってしまいます。夏風邪は長引きますから、くれぐれも気をつけて下さい

高野山

d0339676_11261606.jpg

四国88ヵ所つなぎ遍路8巡め結願のお礼参りに高野山奥の院のお大師様の元へ行きました。ちょうど奥の院の行法師(ぎょうぼうし)が、惚れ惚れするような素晴らしい理趣経を上げていらっしゃいました。行法師のお経って、特にすばらしく、女性の声では、とても出せません。聞いていて、あまりに素敵なので、(私もこの高野山の坊主なのよ)と、自慢に思ってしまいました。自慢という自我の感情なんか思っちゃいけないのに。。今日の高野山は夕方でも26度もありました。駐在や授業以外で高野山に上がることは久しぶりで、大明神様までお詣りすることができました。

高松市瓦町・「恵介」さん(寿司処)

d0339676_11261667.jpg

今日は、坂出市で「2014年度人権を守る坂出・綾歌ブロック集会および人権講演会」があり、「一緒に生きていきましょう~生きるということ~」というテーマで、お話をさせていただきました。そのあと、1人高松市に出て、大好きなお寿司屋さん「恵介」に、坊さんで高校の先生と、丸亀で一番流行っているという飲み屋さんの若いきれーいで、スタイル抜群で、優しいオーナーママと行きました。ここの「穴子の白焼き」が本当に美味しくて、一口めで、美味しすぎて、とろーんとなります。もともとは、この「恵介」さんの若大将が、坊さん教師の教え子ということで、何年か前に連れて行ってもらったのです。以来、高松に行くときはもちろん、遍路も、札所から離れていても、わざわざ高松泊まりにして恵介さんに行くのです。毎回毎回、出されると一気に食べてしまうので「あっ、ブログ写真!」と気づく頃にはもう遅く、ずっとずっと写真が撮れなかったのです。お寿司を握りながら、時折、若大将が先生をちらっと見ます。その目が優しくて温かくて、私も嬉しい気持ち
になります。ここへ来ると、美味しすぎて食べまくりです。穴子の白焼きは、あまりに美味しいので、好きなものは大量に食べられる私としては、3皿くらい一気にいけそうです。エネルギーを蓄えて、明日は高野山へ。

水行

d0339676_11261770.jpg

今朝のホテル前の海です。小さな魚がたくさん泳いでいたので撮影しましたが、写りませんでした。行場は聖域のため撮影できないし、雨でも傘もさせないのです。昨夜から今朝まで、どなたも行場に来られず、私1人で独占させていただきました。昨夜は、月が欠片のように細かったので、暗くて闇の壁を感じるような少し怖い夜でした。でも午前4時すぎ、(あっ、空が朝の空に変わる!)その境目を広大な宇宙と海に挟まれた空間で、私の後ろのお社にいらっしゃる神様と共に感じさせていただき、思わず感嘆の声を漏らしていました。闇の中の1人行を経験しているからこそ、夜明けが特に嬉しいのだと思います。いいことも悪いことも、自分の身の上に何があっても夜が必ず明けます。何千年前の人も何百年前の人も、やはり私と同じように、夜と朝の境目をこうして感じたのでしょうか?行が終わってから、海の水たちに話しかけました。「どこかで会った子がいるよね?」そんな気がしたのです。そしたら「雪」って、ある子が答えてくれました。やっぱり過去
に出会っていたんだ。。と、再会を喜び合いました。水は水滴が集まって、川や海、雨や雪になります。巡り巡って、何度も私たちの前に現れてくれます。雨を手のひらで受けて、なんとなく懐かしさを感じるのは、雨が巡っているからです。

水行(すいぎょう)

d0339676_11261732.jpg

今夜は水行です。ここは行場ではありません。ホテル前の海で行場から2キロ近く離れています。灯りは対岸です。今夜は先日の石鎚山登拝のお礼行をしました。また石鎚山の最後の前行の水行が台風の夜でしたので、荒れた海の中、無事に海の行をさせていただいたお礼も申し上げました。行場には、いっぱい海辺の虫たちがいて、さささ。。と蠢(うごめ)いていたので、「虫さんたち、しばらくここで行をさせてね」と、声をかけたら、行の間、姿をくらましてくれました。こうして存在する全ての命に力を貸していただいています。石鎚山のお礼行が終わったので、今夜のこの後の水行からは9月の出羽三山の前行を始めます。こうして行をしているうちに一年が、素早く巡っていくのですね。

誕生日ケーキ

d0339676_11261774.jpg

今日は、代替療法のセミナーを一緒に受けている「絵里ちゃん」のお誕生日です。セミナーの先生方が、絵里ちゃんだけでなく、私にも2日早いお祝いをしてくださいました。皆に「おめでとう!」と、お祝いして貰えたのって、最後は随分昔。誕生日とその前後は、ずーっとずーっと何年も、仕事か行でしたから。先生方と、7人のセミナー同期にお祝いして貰えて、すっごい嬉しかったです。だってセミナーは、楽しいこともいっぱいあるけれど、苦難もいっぱい。それを一緒に頑張っている仲間ですから。でも今日の経絡探しの実習は、私のできが、えらく悪くて、ペアを組んだ「はるぴょん」に随分時間を貰ってしまいました。パワーを出すこと、握手などでパワーを取られることの繰り返しだった私にとって、パワーを出さないトレーニングは、とても難しいことなのです。人それぞれ得意なこと苦手なこと、個性があって、面白いです。その個性を尊重しあえるので、セミナーがうまく行ってるのだと思います。来月からは講演シーズンが始まり、セミナーに参加できない日もあり
、ちょっと淋しいです。帰路、電車に乗った途端、激しい雷が始まり、新横浜駅で立ち往生です。