<   2014年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

グレイスホテル・日本料理ぎん

d0339676_11261148.jpg

今日は代替療法のセミナーでした。昨日、高野山カフェでしたから、私だけ今日からの参加でした。それで私だけ特別に培養液作りをさせてもらったのですが、今日、水の波動に自分の波動を合わせ、水と100パーセント、シンクロをすることができたのです!なのに、その後、培養液を作って行くのに、一つ、モノを入れ忘れてしまいました。自分史上最高得点の出るチャンスだったのに、点数が出せなかったのです。真面目にしてるのに、いつもどこか抜けてます。この培養液は、土壌改造剤を作るのに大切なものです。では土壌改造剤は、何をするためのものか。。というと、健康な野菜など食べ物を作るだけでなく、川を本来の川に戻し、つまりきれいにしてくれるのです。さらに一番大事なのは、汚染された土を健康にして除染できるということです。私はとてもそこまでは行きませんが、何かお手伝いできないものかと考えています。終わったらいつもの新横浜駅前のグレイスホテルで煮魚御膳です。いつも3種くらい魚があり、選べます。この写真のお料理の前に前菜などがきて
、すべてが美味です。疲れた後は、好きな所で、好きな美味しいものをいただくと少し回復できます。

高野山カフェinなんば

d0339676_11261139.jpg

なんばCITYの「時の広場」で、高野山カフェが開かれ私は1時2時3時と3回、法話をさせていただきました。あまり場所がいいとは言えない「時の広場」ですが、たくさんの人がお集まり下さいました。名古屋から来て下さった女性もいました。高野山や、お寺など法話をさせていただくにふさわしい場所での法話は、お話をする方も聞く方も心構えがありますが、地下街で、トークショーでなく法話をさせていただくのは、難しいのではないかと、始めるまでは思っていました。でも、お客様方のお顔を見た途端、そういう心配は吹っ飛んでいて、いつものように心を込めてお話している自分がいました。ありがとうございました。高野山は、来年開創1200年を迎えます。4月2日から毎日開創法会を行っています。私も初日から駐在してお話します。今日でテレビ東京の密着ロケが終わりました。本当は今日明日とある代替療法のセミナーを受けるため、私は今、厚木(神奈川県)に向かっています。

犬鳴山・七宝龍寺

d0339676_11261155.jpg

テレビ東京開局50周年記念映画「蜩ノ記」に呼応したドキュメンタリー「あなたの人生 残したい言葉」 の撮影で、犬鳴山にきました。放送日は、10月4日12時半~テレビ東京東京系列ネット。9月19日19時~BSジャパンです。高野山での駐在や犬鳴山での修行、なんばCITYでの高野山カフェなど同行撮影をしていただきました。この滝は「塔の滝」です。この山には、たくさんの美しい滝があります。役行者様が、大峯山より先に道場をこの犬鳴山で開いたため、「元山上」(もとさんじょう)とも呼ばれるそうです。修行体験もできます。

高野山・得度式

d0339676_11261183.jpg

高野山・清浄心院で、説田さんが得度をされました。池口恵観大僧正の弟子になったのです。私は姉弟子です。私は鹿児島の最福寺で恵観大僧正から得度式を受けたのですが、恵観大僧正が高野山の清浄心院のご住職になられたので、高野山の方で得度式が行われました。また、仏縁を結ぶ人を仏様に差し出せたことが嬉しくて、式の途中で涙が出てきてしまいました。僧侶にとって、仏縁を持っていただくことが、最高の喜びなのです。式が終わってから、恵観大僧正と記念写真。後ろは、お大師様です。得度式のおかげで、私は今日、素晴らしい1日をいただけました。今、また深い喜びを噛みしめています。

遍路・20番札所・鶴林寺

d0339676_11261103.jpg

生名(いくな)から鶴林寺(かくりんじ・徳島県)さんに登る遍路山道からの勝浦川です。ダブル台風の爪痕で水は濁っていますが、絶景です。鶴林寺さんには生名という町から登山口があり約3、5キロ登り続けます。階段だけで約1200段、他はずっと登り坂道で、踊り場に当たる所も、わずかでも平地の道もありません。かなりきついです。しかも、この山を登って降りたら、次がまた山、太龍寺さんが待っているという、とてもきついコースなので、全力をこの鶴林寺さんだけに使い果たすことができないのに全力を使わされます。山の中、外の景色がチラリ見えるところが、二ヶ所あります。その一つです。首に巻いた赤い「極妻」オリジナル手拭いが、びしょ濡れになるくらい汗をかきました。ところがその汗に濡れた手拭いが冷たいということは、山の気温が高くないということなのでしょう。でも、めちゃくちゃ暑かったです。ファンデーションは流れ、マスカラは暑さに溶け、髪はシャワーを浴びたみたいに濡れ。。凄い姿ですが、ここまで崩れると、
いっぱいお行をできたようで、かえって気持ちのいいものです。この遍路山道は淋しいですが、気味悪さのない道です。

遍路・那賀川(なかがわ)

d0339676_11261123.jpg

徳島県20番札所鶴林寺(かくりんじ)さんから21番札所太龍寺(たいりゅうじ)さんのロープウェイ駅までの約10キロの間、ほとんど一緒に歩くことになる那賀川です。先日のダブル台風の時、(私は高知に行けるかどうか大変な思いをし、でも台風の中、高知県観光特使にもなれました)高知県ばかりに思いが行ってましたが、徳島県も大変だったのです。その大水害に遇われ、土石流が発生したのが、この10キロの中にあったわけです。バスの運転手さんが「友達の家は柱しか残らんだった。徳島市は晴れてても、あそこは山の裏側だから。ロープウェイ駅も水害に遭って、あの辺大変だったんだよ」と教えてくれました。那賀川って全長125キロ、それはそれは水の澄んだ綺麗な川で、毎年遍路で歩く度、ブログに載せています。ところが台風で、この濁った色!こんなの初めてです。ロープウェイ駅まであと4キロをすぎてまもなく「土石流による崩壊のため全面通行止め」の看板が。歩きはどうかなと迷いながらも、迂回指示
に従い、反対側の川沿いを歩きました。やっぱり、壊れそうなとこが壊れてました。迂回路はかなり遠回りな上、ロープウェイ駅を過ぎても橋がないので1キロ余分に歩かされ炎天下の中、合計約2キロ余分に歩くことになりました。昨日は雷に追いつかれ、エライ目に遇いました。土石流災害の出た土地で大雨がまたきたら。。と、雷の予報が出ていたので、心配でしたが、今日は雷から逃げ切りました。

遍路・11番札所藤井寺

d0339676_11261231.jpg

徳島県11番札所・藤井寺さんの山門前の川です。とても暑いので、水のそばに居ると、1、2度下がったように感じられます。徳島県は、午前中は曇り、午後から雨と、携帯の天気予報で2日前から変わらないので、先月と同じ、雨装備をしてきました。そしたら凄い晴天!極晴れと、言葉を作ってしまったくらい猛暑の晴天。徳島駅のクレメントプラザで帽子とサングラスを買いました。応急なので、それぞれ1000円しか予算を私が許せず、そんな安い帽子が見つからず、諦めてエスカレーターをおりてきたとこの「コックス」にありました!私は帽子はキッズサイズのを被るので、普通の大人サイズはぶかぶか以上。でも、サイズを紐で調整できる白い帽子が1000円セール価格であったのです!サングラスは別の雑貨屋さんで買いましたが、あとで見たら、あちこち剥げていて茶色と透明のまだらになってました。でも天気予報は雨。ということは雷雨?そういえば昨年、私がいつものように鴨島駅前通りの素敵で美味な喫茶店「花杏子」で美味しいお茶をいただき、鴨島を去った直
後からゲリラ雨になり、夕方のニュースで報道されていました。雨女だから。。暑くて暑くて汗だくなのに、花杏子でオムライスカレーを食べてしまい、あほですね。もっと汗が噴き出してきて。でも、とてもとても美味でした。

紅茶・マリアージュ・フレール

d0339676_11261202.jpg

しばらくマリアージュ・フレール銀座本店に行けてなかったので、どうしても行かねばならぬと行きました。乳製品を摂れなくなってからは、ストレートティーで飲むのに、まろやかな紅茶として、マリアージュ・フレールの方にお勧めいただいたのが、このアールグレイ・フレンチブルー。これを薄めに煎れていただきます。光の加減で濃く見えますが、薄い綺麗な色をしています。ミルクで割るならイングリッシュアールグレイ、ストレートならアールグレイ・フレンチブルー。同じアールグレイでもこんなに味が違うなんて!たくさんあるお茶葉の特徴一つ一つを把握して、1人1人に合ったお茶を勧められるなんて、さすがプロフェッショナルです。やはり紅茶好きのお客様が、ふさわしいお茶を聞いていて、的確に答えを出されていました。これって、私が法話や講演をさせていただく時と同じですね。相手が何を求めていらっしゃるか?私の場合は聞けないので、喋りながら、お顔をお一人お一人眺めさせていただいて、判断するのですが。紅茶ソムリエさんみたいに、的確
に心を読めるよう、私も近づきたいです。フレンチブルーはもちろん、プロフェッショナルぶりも見たくて、マリアージュ・フレール銀座本店に通いたくなるのかもしれません。

アップルハウスのオーダーアロハシャツ

d0339676_11261266.jpg

銀座4丁目すぐ近くの、そして大好きなマリアージュ・フレール銀座本店の近くに、何十年も前からやっている小さな小さな洋服屋さんがあります。アップルハウスアイアンドアイです。今はアロハシャツやハワイのウェア、着物の生地を使ったシャツなどを作って売っています。私は小さいのでMサイズだと大きいのです。そこで、既製と同じ値段で好きな柄で作ってくれるというので、夏前に注文しました。好きな柄は大柄が多くて、暑がりで美人のお姉さん店長が、「大柄すぎて似合わない」と、いろいろアドバイスして下さり、この柄にしました。私は真夏でも5分袖より短いのは着ないので、半袖か長袖しかパターンのないところを長袖を切って!とお願いして作って貰いました。長袖は春にピンクの既製を買いました。注文の多い客のわりに、出来上がりの電話をもらっても、忘れてしまい、(夏が終わる!)と気付き、あわてて取りにきました。ホノルルに住んでた頃は、ムームーやアロハシャツをよく着ていたのですが、ハワイの青い空を思い出しました。耳の病気で飛
行機に乗れなくなっちゃって15年。この先もハワイには飛べないと思うので、シャツだけは、ハワイ気分で楽しみたいと思います。

水行(すいぎょう)

d0339676_11261280.jpg

今朝4時の水行は、満潮まであと2時間もあるのに既に満潮の海位でした。陽が上るのが少し遅くなったようです。今朝は夜と朝の境目に遭遇できませんでした。写真はホテル近くの賑やかな海岸沿いです。行場へは、2キロ近くあります。昨夜11時の行は、他の方と行が重なってしまい、邪魔しないよう、鳥居の外で1人階段に座り、足元にベープを置いて、夜空を眺めて1時間ほど過ごしました。気持ちのいい海風にふかれ、ベープと一緒に、のんびりと過ごせました。これが冬ですと、待っている間、外なので寒くてガタガタ震え、体をおもいっきり冷やされた後、水の中に入らないといけないので、本当に厳しい行になります。9月の出羽三山の前行も、いつものようにしました。気にしちゃうから、よせばいいのに、月山(がっさん)の頂上を心眼で見てみました。当日、ゴアテックスの上下を着て、雨に濡れた頂上社の石を愛しそうに撫でている私がいました。9月の月山は、週に2回しか晴れないと、地元の方に伺いました。雨だと霧に包まれ景色は見えないし、岩
場が滑るし。。なんて文句たらたらですが、14年も連続登拝させていただいているのです。月山は、本当に素晴らしい、いいお山。14年間、魅了されっぱなしです。