<   2015年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

講演・三重県いなべ市

d0339676_2044273.jpg

いなべ市で「市民つながり人権講座」があり「この世に生まれ、生きて、生かされて〜あと一歩前へ踏み出したいあなたへ〜」というテーマで人権講座をさせていただきました。会場のいなべ市員弁コミュニティプラザから「藤原岳」が、とてもきれいに見えていました。帰路、近鉄難波駅に着いたら、駅構内にハロウィンの中途半端なメークや仮装をしている人が、中国人観光客たちに混じって、大勢いました。やっぱり遊びも手間隙かけないと、かわいくならないものですね。ということは渋谷のハロウィン仮装族って凄い!そういえば高野山に駐在し法話を始めた5年くらい前、法衣を着て総本山金剛峯寺で法話をしていた私に「こんなとこで、何しとんの!仮装?」と声をかけてきた大阪のおばちゃんがいました。

TBSビビット

d0339676_12353987.jpg

きょうは、ハロウィンカラーのオレンジ、紫、黒のスーツにしました。格好はキリスト教のハロウィンですが、今日のビビットの「ビビットフォーカス」では「‘’歩くお寺‘’家田荘子」を取り上げて下さいました。高知県を四国遍路した様子なども流れました。今日、番組でお話したのは「煩悩はあっていい。煩悩は生きる活力になるので無理に取り去る必要はない」ということです。煩悩がありすぎると悩み苦しみますが、煩悩があることにより「頑張ろう」と意欲が湧くのです。かつてマスコミから私は「煩悩の塊だからミニスカートをはいてる」など書かれ叩かれました。でも僧侶の格好をしないで、僧侶が人の心の中に入って行くことこそ難しいのです。法衣を着ていれば、人は僧侶と見て下さいますから。

ネコ・空(くう)ちゃんと天ちゃん

d0339676_18261042.jpg

空(くう)ちゃんの大欠伸を天ちゃん(通称あほちん)が珍しいそうに見ています。あほちんは、空兄ちゃんが大好きで、いつも真似をしています。甘えん坊の空ちゃんを見て、甘えることと、その快感を覚えたあほちんは、8キロの巨体で私に甘えてきます。8キロといっても、ベンガルという野生に近いネコちゃんなので、骨格と筋肉がしっかりしていて重いのです。腕など筋肉モリモリで気持ちいいので、私はよく触らせて貰います。私はネコ語がかなりわかるので、それぞれと会話が成立しますが、では空ちゃんと、あほちんは、どんな会話をしているのでしょうか?大阪弁で喋るあほちんは「なんや眠そうやな」と言ってるのかしら?

供養・戦没者供養

d0339676_19133285.jpg

毎年10月、愛知県知多半島で、戦没者供養をさせていただくこと、今年で14回目、多くの方がお集まりくださいました。天気予報は曇りと雨でしたが、いいお天気になってくれました。屋外なので、雨が降るとご参加いただけるご家族が大変です。今日は夫が錫杖(しゃくじょう)を丸1時間、片時も休むことなく振り続けてくれていました。144基、各お墓の前に行くと、お一人お一人が、いろんなことを私に伝えて下さいます。そのことをご家族にお伝えすると、喜んで力を貸して下さいます。皆さん、一生懸命、手を合わされたり、線香を絶やさないようにして下さったり、お掃除をしてくださいます。ありがとうございました。

高野山・高野山高等学校

d0339676_1639124.jpg

高野山は紅葉と、金堂ご開帳の真っ最中で物凄い人出です。今日は、高野山高等学校の自己探求コースの1年から3年までの生徒さんに授業をさせていただきました。4月2日から50日間、高野山高等学校の生徒さんたちは、高野山に来られた人々のために、連日ご奉仕活動をしてくださいました。その貴重な経験を文章に残すための授業をしました。開創法会の時に私は総本山金剛峯寺で1日中、法話をしていましたが、その場所で約1万人のお客様にお茶出しの奉仕活動をしていた生徒さんたちもいます。開創法会からたったの半年なのに、みんなさらに大人びていました。生徒さんたちには、作文を書いてもらい添削をします。どんな話が書かれているか、そしてどんな目線なのか、作品がとても楽しみです。それにしても凄い人出。高野山駅からバスに乗るのに3度見送ったくらいです。

修行・大峯山(おおみねさん)と滝行(たきぎょう)

d0339676_23513691.jpg

奈良県大峯山の蛇の倉七尾山(じゃのくらななおざん)への登拝行と、洞川(どろがわ)の町にある龍泉寺さんで滝行(たきぎょう)をさせていただきました。私にとって毎年2回の恒例修行です。大峯山とは、大峯山系のことをいい、50キロほど連なる山々の中に「大峯山」という名の山はありません。有名な「西の覗き」は山上ヶ岳という山にあります。行者しか登れない蛇の倉七尾山に行く前に、まず龍泉寺さんの滝で身を清めます。今日から気温がガクッと下がり、滝の冷たかったこと!冷たいではなく痛かったです。写真は、滝行を終えてから行場の前で、撮って貰いました。手足はまだ言うことを聞いてくれないくらい冷えすぎて痛いです。滝は写してはいけないので、反対方向から撮って貰いました。光が左上から降り注いでいます。相当冷たかったですが、素晴らしいお行をさせていただきました。

講演・真言宗豊山派埼玉2号教区講演会

d0339676_18422016.jpg

埼玉県久喜市久喜総合文化会館大ホールで、真言宗豊山派埼玉2号支所主催の「第3回仏教講演会 」が開かれ「〜生きて生かされて〜」というテーマで、お話をさせていただきました。TBS「ビビット」がロケに来られているのは知ってましたが、井上アナウンサーまで来られていたのには、髪の毛が立つくらいびっくりしました。真言宗豊山派といえば、素晴らしい豊山太鼓があります。今日はその演奏会もあり、太鼓の逞しい音色に心と体が洗われる思いがしました。今日はサイン会があり、大勢の信者様と、お一人お一人お話ができました。終わってからすぐに西に向かいます。明日は大峯山。いつものように登拝前に滝行(たきぎょう)もさせていただきます。滝の不動明王様にお目にかかれるのが、とってもとっても楽しみです。

修行・水行(すいぎょう)

d0339676_11161845.jpg

写真はホテル前の賑やかな海の景色です。行場は2キロ先で暗いです。温かい日が続いているおかげで、夜風も弱く、前回の水行より寒くなくて少しホッとしました。が、午前4時に海に入った時、水は冷たくヒンヤリと体に密着してきました。水行(すいぎょう)が終わった後に着るウエアは今回からフリースに替わりました。冬が近づいています。午前零時を挟んで2回とも満潮状態でした。今月の大峯山の山行(やまぎょう)と、滝行(たきぎょう)が、同行(どうぎょう)する行仲間全員無事にできますよう前行(まえぎょう)をかけました。昨夜は行場の目の前に月がいてくれました。月と、月が照らした海の美しさに、しばらく見とれてしまいました。夜の1人行(ひとりぎょう)は、こういう素敵なご褒美を稀にいただけるのです。

高野山

d0339676_18481074.jpg

高野山は今、紅葉の季節で、とても賑わっていました。昨日はお大師様の報恩日でしたので、高野山大学で大学生たちに「いのちの尊さ」について、講話をさせていただきました。写真は、ケーブル駅から見下ろしたケーブルの斜面です。約5分で高野山山頂まで極楽橋駅から行けます。紅葉の季節な上に、素晴らしい天気なので、あちこち歩きたかったのですが、すぐに下山して新幹線駅に向かいました。高野山へ行くには今です。

ネコ・天ちゃんと、物まねパンダ

d0339676_11250273.jpg

天ちゃん(通称あほちん)が、物まねパンダと並んで遊んでいました。物まねパンダは、人が喋ると、その通りに真似をして喋るのです。私が「あほちん!」と呼ぶと、パンダも「あほちん!」と天ちゃんのことを呼びます。(新入りに気安く、名前を呼ばれなくねぇや)と、パンダに呼ばれる度「ふん!」としていたあほちんでしたが、なぜか今日は一緒にいます。しかも天ちゃんの下半身は後ろの低い箱の上にあるのです。半立ち状態で、パンダと顔を並べています。あんなにパンダを避けていたのに、秋だから淋しがり屋になったのかしら?珍しい2ショットです。明日19日月曜日から水曜日まで、ブログのお引っ越しで投稿はお休みです。