<   2016年 10月 ( 48 )   > この月の画像一覧

東京FM「未来授業」

d0339676_19560689.jpg

東京FMで、「未来授業」(月曜日〜木曜日19時52分〜20時・東京ローカル)の収録があり、日本の介護と、介護職の現状や、4人に1人が高齢者の高齢化社会の問題について著書「昼、介護職。夜、デリヘル嬢。」の取材から、お話ししました。11月14日(月)〜11月17日(木)の19時52分から放送です。介護職と介護の実態をぜひ知って下さい。

ホテル・プレミア 門司港 ホテル(福岡県北九州市。)

d0339676_16592658.jpg

プレミア 門司港 ホテルは、九州の最東端、関門海峡近くの北九州市門司区にあり、最近まで門司港ホテルという名前でした。創業した年からずっと、毎月数回、必ず宿泊し続けています。アットホームで、居心地よくしてくれる素敵なホテルです。名前が変わり、門司港ホテルのロゴ入りタオルや紙袋が消えたのは、ちょっと淋しいです。階段を上って左がフロント。階段は毎月ディスプレイが変わります。今月はハロウィンです。

講演・少年のよう立ち直りのために

d0339676_17575664.jpg

有楽町朝日ホールで、法務省主催の再犯防止プログラム2016「少年の立ち直りのために」〜地域とつながり 地域につなげる〜が開かれ「ティーンからのメッセージ〜取材現場から〜」というテーマで榛名女子学園のことを話させていただきました。パネルディスカッションにも参加させていただきました。榛名女子学園で出会った少女たち、一人一人の笑顔や涙が思い出され、胸が熱くなります。こうした開かれた催しは、とても大事だと思いました。

自衛隊の戦車

d0339676_23162335.jpg

自衛隊基地で取材で見た時より、東京のど真ん中で見る戦車の方が、ずっと迫力あります。トラックに乗せられ、移動をし、道端には、道案内の自衛官が立っています。この道の先は、豊洲、有明など海。船で運ばれるのでしょうか。守るために深夜、頑張って下さる人々がいます。

自衛隊の戦車

d0339676_23121102.jpg

23時、八重洲通り(東京)を自衛隊の戦車が、次々と運ばれて行きます。異様な光景です。都会の真ん中、わざわざ深夜に移動をしているのですね。東日本大震災の10日くらいあと、少年院・榛名女子学園から出てきた私は、被災地に向かう自衛隊のトラックに出くわしました。一心に合掌してお礼を申し上げていた、あの時が蘇りました。

供養・吉原遊女の供養

d0339676_18113907.jpg

先日の供養の時、理趣経の経本を忘れたので、今日、理趣経を上げなおしにきました。日暮れが早いです。雨も降っていて寒いですが、遊女たちが歓迎してくれたので、お経がポンポン上がりました。

ホテル・ザ・リッツカールトン大阪・日本料理「花筺」

d0339676_18220320.jpg

ザ・リッツカールトン大阪で、大丸百貨店の1日だけのサンクスセールがあり、ハイドロゲンの可愛いウエアがあればと行きましたが、Sサイズでも大きい私はダメでした。5階の日本料理「花筺」に行きました。「花伊吹」の先附で、茄子含め煮です。秋は稲穂や紅葉などで彩られるので、味覚と視覚の両方で楽しませて貰えます。

水行(すいぎょう)

d0339676_10064875.jpg

今朝、4時すぎの行場近くから写した対岸です。ちょうど海上保安庁の船が通って行きます。寒くなりました!これから日ごと、水行場は冷たくなって行きます。昨夜は、大峯の後行(あとぎょう)のお礼行も納めさせていただきました。東日本大震災以来、毎日、そして行の毎回、災害なきよう祈り続けています。が、熊本、そして鳥取の地震、さらに大雨による水害、土砂崩れ。。大難を小難に、小難を無難にして下さいますように。。祈り続けること、そして1人でも多くの人が、思いやりを持ち祈れば、動かないものもきっと動いてもらえるようになると信じています。

山口県防府市(ほうふし)ブランド

d0339676_16485144.jpg

「幸せます」とは、山口県の方言で、幸せです、嬉しく思います、ありがたいです、といった意味があるそうです。防府市では、これに「幸せが増す」という意味をプラスして、防府市ブランドにされたそうです。地元高校生たちも参加しているこのグッズ、すごいかわいくて、見ているだけで心が温かくなります。

講演・防府市人権学習講演会

d0339676_16394741.jpg

防府市(山口県ほうふし)で、人権学習講演会が開かれ「一緒に生きて行こう〜あなたの愛を求めています〜というテーマで、差別や偏見について話をさせていただきました。防府市はとても教育熱心な町です。私が来るまで雨が降っていたそうですが、なぜか大雨女の私が来たのに止みました。遍路の時は、しっかり雨に当たるのに、よっぽど晴れ人が防府市には多いのでしょう。