<   2017年 06月 ( 60 )   > この月の画像一覧

ネコ・ストライキ空(くう)ちゃん

d0339676_17193828.jpg

抱っこが足らない!空ちゃんが、あほちんの反省部屋に自ら籠ってアピールしています。いっぱい抱っこしてるのにぃ。。。空ちゃんは、自分の目をこすって、目の周りを赤くさせ腫らし、それを見た私が「空ちゃん!なんてことするの!」と泣きそうになって抱きしめるのが嬉しくてゴロゴロと抱っこされ続けるのです。賢い空ちゃんは、頭を使ってアピールします。参った。目薬点眼して、目の腫れは引きましたが。。。

ホテル・コンラッド大阪

d0339676_17474622.jpg

朝日新聞のフェスティバルツインタワー、フェスティバルホールの反対側タワーで、今年新しくできたホテル、コンラッド大阪の40階にある40スカイバー&ラウンジに、仕事の原稿を持って行きました。大阪のビジネス中心街・中之島が一望できました。窓際に席をいただけたので、気分よく原稿チェックがはかどりました。降りて外に出たらすぐ、ドカン!と渡辺橋の交差点で音がして、振り返ったら、6車線一方通行の四ッ橋筋の真ん中で衝突事故でした。

ネコ・空(くう)ちゃん

d0339676_14343454.jpg

空ちゃんは長い。窓から風の通る場所を見つけるのは天才的!中毛のソマリ、空ちゃんにとって、暑い季節がやってきました。

ネコ・空(くう)ちゃん

d0339676_14334495.jpg

空ちゃんは長い

パプリカ食堂ヴィーガン

d0339676_17300874.jpg

四ッ橋(大阪市西区)にあるパプリカ食堂ヴィーガンのオーガニックハンバーグランチです。玄米の隣がオーガニックハンバーグ。つまり野菜で作ったハンバーグなのです!ヴィーガンなので、お肉も乳製品も一切使っていません。味と歯ごたえは、まさにハンバーグです!これまで、ヴィーガンと知らずに入ってきて、ヴィーガンとわからないまま食べて帰って行った男性客もいました。先日、ちょうど届いた野菜をお店の女性が冷蔵庫に入れているシーンに出くわしました。一目で、とても安全でいい野菜とわかる野菜の数々に感激していました。

りんくうタウン・スターゲイトホテル

d0339676_19413126.jpg

りんくうタウン駅のすぐ近くにあるりんくうタウン総合医療センターに、お世話になっている僧正が入院されていると昨日聞き、お見舞いに行きました。写真はりんくうタウン総合医療センターの斜め向かいにあるスターゲイトホテルです。りんくうタウン駅の次の駅が関空なので、頭の上では飛行機が飛んでいる音はするし、空港方向の空は限りなく広いし、広大ないい景色です。入院されている僧正が夕方、金曜日に手術が決まったと聞き、ほーーーっとしました。良かった!いつものおおらかな笑顔を見ることができました。

ネコ・空ちゃんと、山形さくらんぼ

d0339676_16361636.jpg

空ちゃんの嬉しい季節がやってきました。空ちゃんは、日本のさくらんぼが大好きです。山形のさくらんぼをいただきました。空ちゃんは次々と食べちゃいます。でも丸ごと食べることはできないので、いつも私が先に食べて種を取り、残りを空ちゃんが食べます。空ちゃんは、さくらんぼやスイカなど切る前から匂いで甘いか否かを嗅ぎ分け、甘くないと分かるとフン!と去ります。同じ山形産のさくらんぼでも、洗っているうちから空ちゃんが盗もうとするほど極上に美味しいさくらんぼと、興味を全く持たないさくらんぼ、私が食べ始めてから「ちょうだい」と言い出す結構美味しいさくらんぼ、など、いろいろあるのですね。

日本「祈りと救いとこころ」学会

d0339676_20194649.jpg

日本「祈りと救いとこころ」学会の創立記念大会を特集された「祈りと救いの臨床」の創刊号を榎本クリニックの榎本稔理事長からいただき、拝読しました。読み始めたら止まりません。今の時代、医療と祈りはとても大切な繋がりを持っています。宗教家は今の医療の現場で活躍できることがいろいろあると思います。僧侶にもいろいろな役割があると思います。お葬式も僧侶、祈願も僧侶、法話も僧侶、そして痛む身体や心を説くことにより緩和させることも僧侶の役割と思います。この「祈りと救いの臨床」は、僧侶の1人として、大変大変勉強になりました。

リーガロイヤルホテル なだ万

d0339676_13423067.jpg

リーガロイヤルホテル(大阪市中之島)のなだ万さんのお料理です。これは二段の重箱になっています。季節の素材を使ってらっしゃいますが、お店により、その季節の素材のお料理の仕方がかなり違うのですね。近頃、書き下ろしの手直しをずっとしており、机を離れる時が楽しみになっています。今、なだ万さんで食事をすると金券をいただけます。それを貯めるのも楽しみの一つです。

培養液

d0339676_18562024.jpg

培養液(土壌改良剤)を大雨が降りだす前にと、バルコニーで作りました。バケツの中に水を入れて1時間近くかけて手作りします。この培養液で、地球のエネルギーの循環をします。先日、久々に物凄くエネルギーを人に持って行かれ、体調がずっと揺らいでいましたが、培養液を作ったあと、本来の自分の体に戻っていました。今日作った培養液は、吉原の遊女たちが眠る土の上にまかせてもらいます。土がエネルギーを受け取ってくれるはずです。