遍路・73番札所・出釈迦寺

d0339676_11265520.jpg

1月26日発売の「一個人」と、1月15日発売の私の「改訂版 四国88ヵ所つなぎ遍路」の撮影で、73番札所・出釈迦寺さんにきました。ご住職(女性)と、副ご住職です。このお寺の後ろに捨身ヶ岳禅定があり、弘法大師空海が七歳のまだ、真魚(まお)様という名前だった頃、身を捨てる修行をされました。将来、世の中の人を救う人物になれるのなら、私を救って下さい。そうでなければ、たった今、この身体を仏様にさしあげましょう。。と、おっしゃって、真魚様は飛び降りられました。すぐに、どこからか天女様が飛んでこられて真魚様を抱きしめ救われたのです。以来、真魚様は、人のお役に立てるような人になりたいと決意を固められ、その道を歩んで来られたのです。四国88ヵ所霊場は来年、開創1200年を迎えます。開創1200年用の納経スタンプやお姿が用意されています。来月から貰えるそうです。私は8巡めの途中ですが、来月から新しい納経帳で回る予定です。18番から飛ばして今回38番に来てしまったため、18番恩山
寺さんが、9巡目のスタートになります。8巡目は約一年、途中のまま、お預けです。
<< 遍路・宿毛市。カフェ・グランマ... 遍路・コスモスロード >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.