人気ブログランキング |

東野圭吾さんの「悪意」講談社文庫

東野圭吾さんの「悪意」講談社文庫_d0339676_11271020.jpg

また買ってしまいました。高野山で法話をしていた一週間、お客様一人一人のお顔を見てお話するので、目がとても疲れ、文字を読む気になれませんでした。それで、なんばに着いて、お役目から解放された途端、深く考えずに東野圭吾さんの文庫を買いました。読み始めて3行で、「読んだことある!」と、気がつきました。でも、読んでないと思ったのです。これほど目立つ表紙、読んだならきっと記憶にあるはずなのに。。同じ本を何冊も買ってしまうので、私は書店さんで買う時、カバーをつけて貰いません。買った本の表紙を覚えておくためなのですが。。それでもストーリーをほとんど忘れていたので、また楽しんで読ませていただきました。二人の男性の語りと手記だけという巧みな手法ですが、二回目なのに動機が最後の最後までわからないのです。家に帰り書棚を見たら、東野圭吾さんの読み済みの本が並んでいるところに、はたして一冊ありました。たったそれだけの理由で、そんな手間隙かけた準備をして殺人を?主人公というより東野圭吾さんの頭のキレの凄さに、一回目
も圧倒されたことを二回目、最後まで読んで思い出しました。私はというと今日は、自分の小説で、仕置きのシーンをずっと書いていました。明るい仕置きは楽しいです。
<< 「貴婦人と一角獸展」・国立国際... 野菜スープとミルクティー >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.