人気ブログランキング |

カテゴリ:ホテル( 219 )

ホテル・日航ホテル大阪

ホテル・日航ホテル大阪_d0339676_11271382.jpg

やっぱり夏の炎天下の遍路って、疲れるのですね。どてーっとしてて、仕事も進まず、朝から怠け者です。でも、旬の栄養を体に補給しようと、日航ホテルの弁慶に行きました。あまりにもきれいな素麺で、これは写真を撮らなきゃもったいない!と、感動しました。こちらの料理長は、高校時代野球少年で、当時80あった大阪の高校で、ベスト16だったそうです。それから料理の世界に入られたそうで。。大大ファンのジャイアンツの原辰徳監督と同じ時代だなと思い、それだけで嬉しくなり、余計に美味しくいただいておりました。かつては、疲労からぼーっとしていると、罪悪感があり、(仕事しなきゃ)と、自分を追い立てていました。遍路も9年もしていると、最初の頃より、体力は減ったし、疲労骨折やらで、足がぼろぼろになって来たり。。いろいろあります。今日は午前中、本当にぐでぐで。一生懸命生きていないので、すごく罪悪感があり、でもぐでぐででしか過ごせませんでした。弁慶で、元気にしてもらい、ようやくパワーが少しずつ戻ってきました。ヒルト
ンホテルのカフェ・ド・グレースで、超私好みのアールグレイのミルクティーを淹れていただき、松本清張先生の686ページもある「二重葉脈 」(光文社文庫プレミアム)を今日こそ最後まで読み、それからゆっくり原稿にかかりましょう。。。何時にかかれることやら。。。

ホテル・道後山の手ホテル

ホテル・道後山の手ホテル_d0339676_11271780.jpg

明日は石鎚山の登拝行です。いつものように、道後山の手ホテルに泊まりました。ここのフランス料理は、本当に美味しいです。一つ料理を下げにこられる度、感想を言わずにはいられないほど美味で美しいです。また、食べられないものなど、変更して下さいますから、料理長の腕の良さが伺えます。前菜を撮影するつもりが、あまりに美味しそうで、また撮影するのを忘れて、ぱくついてしまいました。明日は晴れだそうですが、雷に注意と出ています。雷に会わないで済みますように。

ホテル・丸の内ホテルから見た東京駅

ホテル・丸の内ホテルから見た東京駅_d0339676_11272009.jpg

ゆほびかの取材で、丸の内ホテルに行きました。最初、東京駅のステーションホテルを丸の内ホテルと思い込み、ステーションホテルの入り口で、「曲がってるようにここから見えるホテルですよ」と、教えられました。前に何度か行っているのに全く忘れていました。今日は、家族についてのインタビューを受けました。私自身は、チビ(生まれた時からのニックネームで、未だにアメリカで呼ばれてます)が五歳の時に離婚し、私は日本に戻りました。その後、私が耳の病気になり、飛行機に乗れなくなりました。チビが中学生の時に会ったのが最後で、10年会っていません。これからも、彼女が会いにきてくれない限り、私は飛行機に乗れないので会えません。チビは妊娠し、女の子を10月末に生む予定ですが、そのベイビィにも、もしかしたら一生会えないかもしれません。手紙と電話だけのやりとりですが、これも家族のひとつの姿なのです。家族には家族の数だけスタイルがあります。大切なのは、自分も自分の回りの人々も、そして会ったことのない限りなく大勢の人
々と、その生き方を尊重することではないでしょうか?

シャングリ・ラホテル東京

シャングリ・ラホテル東京_d0339676_11272755.jpg

東京駅八重洲口の高級ホテル、シャングリ・ラホテルは、一階入り口にきれいなホテルウーマンがいて、ぷらーっと行けるような雰囲気では全くありません。ラウンジでランチできるのですが、やっぱり、きれいで聡明そうなホテルウーマンが活躍していて、もう少しいいスーツ着てきた方が良かったかな?と、座っていて後悔しました。でも梅雨だし私は電車移動だから、いい靴履けないし、いい服着れないし、先日やっとレスポートサックで、お気に入りを見つけ買ったバッグも(使い勝手が良すぎて、私はレスポートサックオンリーなのですが、半年、好きな柄に出会えず、我慢してたのです)白地なので、梅雨は持てません。ホテルの気品と豪華さに負けちゃいましたが、ミルクティは、とてもまろやかに煎れていただき、しかも大きなポットで、気分よくいただきました。先日、私の知り合いの方が、このホテルに自腹で泊まられました。聞いた途端、皆して一斉に「すごい!」と言ってしまいました。「東京駅に近かったから」さらりと言う姿のニクいこと!スーツもホテル
にマッチしていました。でも、私のように「梅雨用の汚れても濡れてもオッケースーツ」を着ていても、丁重にお客様扱いをして下さるのが、シャングリ・ラホテルです。

帝国ホテル

帝国ホテル_d0339676_11273236.jpg

帝国ホテルの「パークサイド・ダイナー」の真鯛のグリルと、ミルクティーが、大好きです。ミルクティーは何杯もいけます。パークサイド・ダイナーの前は、「ユリーカ」と言って、日本人好みの味や料理だったのですが、パークサイド・ダイナーに変わってからは、料理長が変わられたのでしょうね。アメリカテイストに変わり、ハワイのハレクラニレストランっぽく変わりました。味や料理長好みの野菜など素材に慣れるのに少し時間がかかりましたが、好みや苦手な物をしっかり心得て下さるので、足がどうしても向いちゃいます。今日、私が座ってたカウンターは、面白い顔ぶれでした。ひと席隔てて、ある都市銀行のお偉いさん。さらにひと席隔てて、もと内閣官房長官。これが自然なとこが、帝国ホテルの凄いとこ!みんなカウンターに座って、ホテルマンと素で喋っているので、面白い光景でした。私は松本清張先生の「浅田次郎オリジナルセレクション・悪党たちの懺悔録」を読みながら、聞き耳立てているのです。でも、どんなお客様でも、次々話題に応じられるホテルマンの
話術とスマイルって、凄いですね。聞き耳立てながら私はプロフェッショナルの話術の勉強もしていました。いい時間をすごさせて貰ったので、原稿の続きが書けそうです。

ホテル・門司港ホテル・福岡県

ホテル・門司港ホテル・福岡県_d0339676_11280194.jpg

この門司港ホテルに多い月は四回、少なくとも月二回は宿泊し続けること14年。ホテルのご配慮で、ずっと同じ部屋に泊まらせてもらってます。気がきれいな、景色もきれいな部屋です。ここはレストラン。今夜も私が、入ったのが一番遅かったので、最後の客になってしまいました。でも薄めのきれいなミルクティーをいっぱいサービスして下さいました。料理長は何代も変わられましたが、行のために肉絶ちをしている「私メニュー」を作って下さいます。前菜のお刺身は、フグや地元関門海峡で取れたての魚が出てくるので、本当に本当に美味しいです。私が門司港ホテルを利用し始めた頃、ベルボーイさんだった男性が、今は総支配人ですから、長い年月の経過を感じます。痒い所に手の届くサービスをして貰えるホテルに泊まると安らかな心になります。枕のサイズやベッドの固さなども、自分に合っていると、体も安らぎます。私も高野山で、沢山の参拝の方々をお迎えする時、心がけたいと思います。今月は、29日午後から31日お昼まで、高野山で駐在布教をしています。30
日は奥の院か総本山金剛峯寺かまだわかりませんが、29日と31日は総本山金剛峯寺です。ぜひ、高野山におこし下さい。桜はまだですが。。

ホテル・グランヴィア岡山・吉備膳

ホテル・グランヴィア岡山・吉備膳_d0339676_11282672.jpg

福岡、山口、広島と、すごい雪でした。岡山についたら晴れてて、夢から覚めたみたいでした。私はホテル・グランヴィア岡山が大好きで、遍路帰りや仕事で四国や山陰に行ったとき、必ず和食か洋食かラウンジに寄り、心や体を休ませてもらってます。いずれも料理長の腕が良くて、好みを聞きいれて下さいます。今朝の丑三つ時の水行が寒すぎて、未だに箸がうまく持てないですが、美味しいし、ほうじ茶でなく、好きなお煎茶を笑顔で出して下さりサービスにも癒やされます。これから元気に姫路へ向かい、講演に行きます。いつも人に癒してもらえる度、私も笑顔と、ありがとうで答えようと思います。ささいなときでも、決して忘れずに。新幹線の中は、咳だらけ。マスクをしてくれない人ばかり。新幹線に乗られる方は、かぜやインフルエンザ予防のためマスクをお忘れなく。私は一つ一つ包装されたマスクをいつも持ってて、咳のひどい親父たちに配ってます。ありがとうと、マスクエチケットに協力をしてくれる人より、しないでマスクを放っておく人や無視する人の方が多いです
けど。

ホテル・ヒルトン大阪・ヒルトンプラザ

ホテル・ヒルトン大阪・ヒルトンプラザ_d0339676_11283789.jpg

カフェ・ド・グレースで原稿チェックしています。大好きなカフェです。ここに行かないとストレスが貯まってきます。禁煙なので、煙に頭が痛くなることもなく、ニコチンが付いて、紅茶の香りが変わることもなく、ゆっくり紅茶を楽しめます。綺麗な女性ばかり働いていて、サービスは洗練されてて、好みをしっかり聞いてくれます。日参する男性客もいます。私はコーヒーとアルコールアレルギーなので、紅茶と緑茶ばかりの生活で、紅茶専門店はとても重要です。
土日は面白いです。私の想像ですが、会員制お見合いで出会ったカップルが初デートに使う場所のようです。カップルの話を隣で盗み聞きしていると、結婚までいけるカップルかどうか判ります。相手の顔を見て、しっかり話を聞ける女性、美味しい、可愛いケーキ!ありがとう。。など笑顔で表現できる女性が好かれるようです。当たり前のことをするだけなんですが。。30分もしない内に、相手の男性の目が幸せそうに変わって行きます。

ホテル

ホテル_d0339676_11284191.jpg

京都のホテルグランヴィアのロビー階、ラ テンポは大好きです。ここは昼と夜のバイキングがとても人気です。凄い種類と凄い美味しさ。デザートコーナーでは女性パティシエが活躍してます。私はここのオニオングラタンスープが好き。また、お願いを聴いてくれます。魚のアクアパッツアはあまり好きでないため、お願いすると、他の調理をしてくれます。料理長の腕の良さと心の広さがあるから、別の調理をしてもらえます。少しの思いやりで、人は沢山いい気分になれて笑顔になれます。その笑顔が、どれだけ多くの人をいい気持ちにさせてあげられるでしょうか?自分の前に鏡があります。笑顔をすると幸せが返ってきます。
明日から歩き遍路です。雨の中、大好きな高知県内を歩きます

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.