人気ブログランキング |

カテゴリ:健康( 25 )

ジム・FOCUS(北区大阪市)

d0339676_17352057.jpg
中津(北区大阪市)にあるパーソナルトレーナーのジムFOCUSに30分体験に行ってきました。ヨガの個人レッスンを受けていましたが、今年になってからは行っていません。阿字観が苦手なように、やっぱりジッとしてるのが苦手なんです。大昔、ボディビルをかじったり、ジムの先駆ドウ・スポーツに通っていたので、もともと好きだったことに戻ってきたようです。しばらく行こうと契約してきました。綺麗なスタジオで、その時間は他の人に会いません。トレーナーは爽やかな笑顔のボクサーです。

赤坂AAクリニック・血液クレンジング

d0339676_22313660.jpg
赤坂AAクリニックに血液クレンジングに行きました。180CC血液を採り、150CCのオゾンで血液をクレンジングしてから体内に戻します。オゾンでクレンジングすると、美しい色の血液に変わります。でも20年肉絶ちしているからか、クレンジング前の血液もきれいだと、よく看護師さんたちに言われます。採血量やオゾン量は、人により違います

ヴィーガンチョコケーキとアイスクリーム

d0339676_17055021.jpg
めぐみさんが作って下さったナッツアイスクリームと、チョコケーキです。オーガニックナッツで、チョコもアイスクリームも乳製品が入っていません!このチョコソース、びっくりしました!乳製品を使わないで、こんなに美味しく、体に優しく作れるの!?と。めぐみさんに早くお店を出して貰いたいです。が、まだまだ勉強や経験を積まれるそうです。

赤坂AAクリニック・血液クレンジング

d0339676_17163619.jpg
赤坂AAクリニックに血液クレンジングに行きました。人により量は違いますが、血液を取り出し、オゾンで洗浄し、綺麗な血液を戻すと、体内にあった血液にも浸透し、綺麗になるそうです。3年以上、毎月続けています。ここ半年は2ヶ月イチです。中国からツアーで血液クレンジングや、検査にクリニックに大勢訪れています。いつも中国語がどこかから聞こえてきます。

亀田京橋クリニックと、婆娑羅

d0339676_14013489.jpg
亀田京橋クリニック(中央区京橋 東京都)で毎年春に人間ドックに入ります。検査後、同じスクウェアビル内のレストランでの昼食がついて来ます。中華やフレンチなど選べますが、私はいつも和食の「婆娑羅」さんです。板さんがオープンキッチンで料理されてるので「肉ネギ乳製品抜き」と、その場で言っても対応して下さいます。亀田京橋クリニックは、鴨川(千葉県)に亀田総合病院があり、何かあればそちらにデータも回されるので面倒なしです。各科とのコミュニケーションが密なので安心してかかれます。派閥争いがなく、研究や極めたい医師が集まっていらっしゃるので、私は20年も会員だった大学病院のドックをやめて、亀田京橋クリニックの人間ドックを毎年受けています。

赤坂AAクリニック(港区東京都)血液クレンジング

d0339676_13062412.jpg
今日は赤坂AAクリニックに血液クレンジングに行きました。血液を採ってオゾンで洗浄したきれいになった血液を体内に戻します。すると体の中の血液もきれいになっていくそうです。4年近く続けています。2ヶ月ぶりですが「クレンジング前で、こんなに綺麗な血液、見たことありません」と、看護師さんに褒められました。20年肉断ちをしているのと、アレルギーでアルコールを摂らないからでしょうか。。写真は光の加減で、かなり暗い色に見えます。

日田天領水(日田市大分県)

d0339676_23004679.jpg
日田天領水(日田市大分県)本社に来ています。気温は低いのですが、日田天領水前から、きれいな山と空が見えています。こういうきれいな場所から日田天領水が溢れ出ているのです。毎日、体重の約30%の水を飲むことが、身体には必要だそうです。

日田天領水(日田市大分県)

d0339676_23061741.jpg
日田天領水(大分県日田市)本社に来ています。日田天領水にコインのお金をつけておいても、錆びません。ということは、体内でも錆びないということです。私はアルコールアレルギーなので飲めませんが、日田天領水を使って沢山の焼酎や清酒も作られています。

培養液作り

d0339676_13445953.jpg
体を浄化させるために培養液を作りました。プロフェッショナルな方が作った培養液は、除染や川の浄化に使われています。私はまだ中級ですから、まだまだまだまだですが、高野山での駐在法話がなければ、培養液作りを怠けていたかもしれません。高野山でたくさんの人々の悩みごとに触れさせて貰いました。私の指針をゼロに戻すために、そしてエネルギー回復のために、水行や培養液作りは、絶対必要不可欠なものなのです。

培養液

d0339676_19491320.jpg
不義理していて、久しぶりに培養液を気温37℃のバルコニーで、約1時間、汗だくになって作りました。私の作る培養液はまだまだまだまだ未熟ですが、プロフェッショナル先生が作られる培養液は、除染や川洗浄に使われます。吉原の遊女の眠る池跡前にある喫茶店・鈴乃音さんのママに送り、早速明日、撒いてもらいます。関東大震災で亡くなった500名以上の遊女たちが、よりふっくらした優しい土の中で眠れますように。。


Copyright © bizki Inc. All rights reserved.