カテゴリ:神社仏閣( 106 )

近畿36不動尊10番霊場 無動寺(神戸市)

d0339676_14380389.jpg
近畿36不動尊10番霊場 無動寺さんの境内です。山寺なので境内が広大ですが、台風の後にもかかわらず、きれいに整備されていました。立派な地蔵堂が4月に完成し、近畿36不動尊霊場会のホームページに新しい地蔵堂のことを書き加えるため、取材にやってきました。暑い中、来たかいあって、素晴らしい地蔵堂でした。ガラス張りなので、竹や美しい青空をバックに、身の丈170センチものお地蔵様が立っていらっしゃいました。時間が経つのを忘れるほどの美しい空間です。

近畿36不動尊10番霊場 無動寺(神戸市兵庫県)

d0339676_14323239.jpg
近畿36不動尊10番霊場 無動寺さんに行くには、三宮駅からバスを2つ乗り継いで、福地というバス停から約800メートル坂を登ります。その途中、振り返ると、とても美しい景色が広がっていました。が、真昼間なので、800メートルの急な坂道は、汗をかかせてくれます。

近畿36不動尊23番霊場 醍醐寺 上醍醐(京都市)

d0339676_16591044.jpg
上醍醐へは、こういう坂や階段が続きます。かつて上醍醐には観音堂がありましたが、落雷で無くなってしまいました。その跡地番とても淋しいですが、その地に立つと何か惹かれるものがあります。早く再建して欲しいですね。

近畿36不動尊23番霊場・醍醐寺・上醍醐開山堂(京都市)

d0339676_15545343.jpg
醍醐寺 上醍醐の頂上、開山堂前です。この麦わら帽子、蒸さないし、かなり実用的です。近畿36不動尊霊場会のホームページ書き直しのために原稿を以前奉納したのですが、お寺さんの手が原稿に、かなり入り(あれ?私の記憶や目が間違ってた?)と、納得できなかった私は、確認するために、今回炎天下でしたが登拝させていただいたのです。38℃だから、誰も登っていません。淋しすぎて怖いくらいですが、人がいないおかげで、外から丸見えの休憩室で、汗ダクのシャツとタオルを着替えることができました。

醍醐寺 上醍醐(近畿36不動尊23番霊場・京都市)

d0339676_15421039.jpg
京都の気温は38℃。醍醐寺の上醍醐に登っています。暑い暑い!風が少ないのでサウナみたいです。でも体を動かして流れ出る大汗なので、ここまで半端じゃなく大汗流すと気持ちいいです。日田天領水にライフバンテージ社のエネジーの粉末を入れたエネジードリンクを飲みながら登っていきます。この長い坂を登りきったら上醍醐地域です。といっても、上醍醐の入り口からまだまだたくさんの階段や坂を登り、薬師堂や五大堂を経て、頂上の開山堂に辿り着けるのですが。

近畿36不動尊霊場会 31番札所 龍泉寺(奈良県天川村洞川【どろがわ】)

d0339676_17105108.jpg
近畿36不動尊霊場会の春季法要があり、昨年大雨で道路が通行止めになって延期した31番札所 龍泉寺さん(奈良県天川村洞川【どろがわ】)に行きました。私が滝行(たきぎょう)をさせていただく大峯のお寺です。近畿36不動尊霊場会では、36のお寺が順番に法要を年2回します。寺院と先達と一緒に霊場会を盛り上げて行っています。近畿36不動尊霊場会では、宗派など関係なく仲良しです。大きなお寺、有名なお寺、本山がいくつも入っている近畿36不動尊霊場ーパワーをいただきたい方、巡礼してみませんか?

金峯山寺(きんぷせんじ 吉野山 奈良県)

d0339676_21545291.jpg
大峯の行(ぎょう)に行く前に必ず寄らせていただくのが、吉野山の金峯山寺(きんぷせんじ)です。今日は雲が厚いです。正面が本堂です。吉野山といえば桜の名所です。今日はとてもすいていました。

犬鳴山 七宝瀧寺 柴灯大護摩法会(泉佐野市大阪府)

d0339676_15030415.jpg
犬鳴山 七宝瀧寺(泉佐野市大阪府)で毎年恒例の柴灯大護摩法会があり、参加しました。この護摩の組木だけで男性の身長以上あります。頭も白衣も雪のように降ってくる灰だらけになりました。泉佐野市長さんも参加されました。

近畿36不動尊霊場会 17番札所 曼殊院

d0339676_16403020.jpg
近畿36不動尊霊場会17番札所 曼殊院の門です。入り口はここを左に行きます。門前におっちゃんが座っていて、どいてくれないので正面から写せませんでした。

近畿36不動尊霊場会17番札所 曼殊院

d0339676_16332920.jpg
近畿36不動尊霊場会17番札所 曼殊院だけ、ご朱印が残っていました。前回、近畿36不動尊霊場会ホームページ書き替えのため、取材で曼殊院を訪れた時、受付時間ギリギリだったため、ご朱印をお願いするのを遠慮したので残っていたのです。桜の季節が終わり、ゴールデンウィーク前で、この時期の平日なら中国人の混雑混乱状態ではないのではないかと行ったのですが、甘かったです。帰りのバスはラッシュ状態でした。写真は曼殊院道です。