カテゴリ:神社仏閣( 106 )

比叡山延暦寺 根本中堂(総本堂・滋賀県大津市)

d0339676_16074486.jpg

比叡山の無動寺明王堂にお参りをしたら、根本中堂にお参りしないで帰るわけにはいきません。根本中堂の外から拝むだけで今から5分で出ると言いましたが、延暦寺の敷地の入り口で「諸堂めぐり」チケット¥700を買わないといけないと言われ購入しました。¥700で全部のお堂を廻れるのですから、時間のある人にとっては、とてもお値打ちです。根本中堂は改修中で塀に囲まれ外観も写せません。根本中堂の前に急な階段が延びていました。文殊楼に繋がっています。

無動寺 明王堂(比叡山 滋賀県大津市・近畿36不動尊霊場会)

d0339676_15283364.jpg

近畿36不動尊26番札所は、比叡山にあります。その本堂からの琵琶湖の景色です。昨夜から朝まで激しく雨が降っていました。比叡山坂本駅に着いた時は止んでいました。そして無動寺明王堂に着いた途端、幕を開けたように晴れたのです。

岩屋寺(近畿36不動尊霊場会 京都市山科区)

d0339676_17311631.jpg

大石神社前のバス停から近畿36不動尊24番札所 岩屋寺さんに向かう途中、彼岸花に出会いました。山に向かってなだらかな坂を登って行きます。山科駅から徒歩20分くらいと本に書いてあり、バスが毎時2本しかないので、山科駅前で巡回中の警官に道を尋ねたら、20分なんてとんでもない!暑いしバスに乗って下さいと、言われました。(歩き遍路やってし)という言葉は飲み込み、バスを待って乗ってみたところ、長距離でした!バスから降りたら、大好きな彼岸花!自然と笑顔になります。

岩屋寺(近畿36不動尊霊場会・京都市山科区)

d0339676_17073215.jpg

木のトンネルをくぐった先に、ひっそりとたたずんでいるのが、近畿36不動尊24番霊場 岩屋寺さんです。ここは1701年江戸城松の大廊下にて始まった忠臣蔵の大石内蔵助が、討ち入りの謀(はかりごと)を巡らした山科閑居・岩屋寺さんです。こちらのご住職は尼僧さんです。

犬鳴山・七宝瀧寺(大阪府泉佐野市)

d0339676_17011579.jpg

犬鳴山 七宝瀧寺さんの本堂で、秘仏のご本尊様ご開帳結願法要がありました。三日間のご開帳で、今日、閉扉されました。写真は副ご住職のご長男と本堂内で。法螺貝(ほらがい)を凄く上手く吹いてくれて、びっくりしました。頼もしいお後継ぎです。後方に大きな大きな「行者の瀧」があります。台風で大木が倒れていました。

羽黒山・出羽三社(山形県鶴岡市)

d0339676_17354466.jpg

羽黒山の出羽三社へ行く度、おみくじを引きます。毎年、9月に出羽三山に登拝行をさせていただくこと18年、初めて大吉が出ました。番号が99番。いい番号です。雨は降っていませんが、風が少し強くなってきました。

国分寺(大阪市・近畿36不動尊霊場会)

d0339676_18272623.jpg

近畿36不動尊7番霊場 国分寺さんにもいました!かわいい子が!香炉にはいませんでしたが、灯篭で、頑張って走っている子たちがいました。国分寺さんは太平洋戦争の時、ほとんど焼けてしまいました。イチョウの木も焼けたけど残っていて、今も頑張っています。でも木の中の方には、焼けた跡が残っているのです。もう銀杏が成り始めました。逞しい生命力です。

国分寺(大阪市・近畿36不動尊霊場会)

d0339676_16075130.jpg

近畿36不動尊7番霊場 国分寺さんに行きました。こちらの不動明王様には、どきりとさせられます。護摩堂の中を覗くと、向こうからも大きな不動明王様が覗かれているのです。「わっ!びっくりした!」と、思わず声を出してしまい、そこから一気にお友達になれちゃったような気持ちにさせていただきました。街中にある、いわゆる街のお不動さんで、親しみ湧くお寺です。

大覚寺(近畿36不動尊霊場会 京都市)

d0339676_17174197.jpg

近畿36不動尊13番霊場の大覚寺さんの山門をくぐると、嵯峨御流のいけばなが並べられていました。大沢池の中にある天神島と菊ヶ島、そして庭湖石、この2島1石の配置が嵯峨御流いけばなの基盤になっているそうです。嵯峨御流の生花は、植物の自然の出生を思いながら天地人の役枝により、弓張りの姿をいけ表するそうです。はかなそうで秘めた強さを感じる作品で、とても魅かれました。

大覚寺(だいかくじ 近畿36不動尊霊場会 京都市)

d0339676_17050386.jpg

近畿36不動尊13番霊場・大覚寺さんの東にある大沢池(おおさわのいけ)です。本堂(五大堂)の観月台の上から写しました。昨日、近畿36不動尊霊場会のホームページ書き換えのため、四天王寺さんの境内を4キロ以上歩いて取材して疲れた所で最後にガツーンと納経所でやられましたが、今日、素晴らしい大沢池と五大明王様を拝見でき、すっかり気分が良くなりました。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.