カテゴリ:修行( 234 )

水行(すいぎょう)

d0339676_10371820.jpg
今朝4時半の行場近くの海と対岸です。空の黒さが薄らいで来ました。右手前方を船が行きます。満潮から1時間半後でしたが、水位がいつもの満潮より遙かに高く、波も力強かったです。水行を終えて結界を切るために東西南北を回っていたら、南の空に三日月が光を放っていました。昨夜の行の時は見つからなかったのに。闇夜の水行は、月が雲に隠れないで姿を見せてくれているだけで、孤独な行(ぎょう)でなくなります。

水行(すいぎょう)

d0339676_10031733.jpg
写真は、ホテル前の夕暮れです。行場は、ここから2キロ近く離れています。昨夜10時の水行は、干潮から1時間しかたっていないのに、すでに50センチ以上水位があり、波の流れが特に早かったです。先月末、台風が山陽新幹線ルートと重なるため、帰れなくなることを考え水行に行かれませんでした。そのお詫びと、9月の出羽三山の前行、そして災害のことを祈らせていただきました。

水行(すいぎょう)

d0339676_10504449.jpg

今朝の4時半の行場近くの海です。晴れているのに月が見つからず暗い夜でした。でも水行を終えて空を見上げると、どんどん夜のヴェールが剥がれて朝の空に近づいて行くのです。干潮から1時間。水位は低いですが、海上保安庁の船やモーターボートの行き来する度、逞しい波が押し寄せてきました。写真右前方をモーターボートが行きます

水行(すいぎょう)

d0339676_10120816.jpg
写真は行場から2キロ近く西の夕方の海です。昨夜21時半の水行(すいぎょう)は、満潮で水位が凄く高く、波のレベルも7で、波の勢いが強い上に、大型船が何台も通過して、さらに大波を作っていました。金曜日から石鎚山に向けて出発する予定で、ずっと前行(まえぎょう)をしてきましたが、特急しおかぜがまだ全線で開通せず、中止したお詫び行をさせていただきました。そして西日本大雨災害で被害を受けられた土地と人々のことを祈らせていただきました。

水行(すいぎょう)

d0339676_10043634.jpg
今朝4時すぎの行場近くの海です。対岸の前を船が行きます。満潮まであと2時間もあるのに潮位が満潮並に高く、波はとても逞しかったです。来月の石鎚山登拝行の前行や、災害が起こらぬよう、また18日の大阪北部地震の震災についても祈らせていただきました。行を終え目を開けると、空は朝の色に向かっていました。

水行(すいぎょう)

d0339676_23364882.jpg
今夜7時半、水行場のある町の駅前の海です。雨が止んでくれました。今夜9時半の水行は満潮が終わってすぐでしたから、強い波が岸壁に直撃していました。今夜は釣り親子がいました。神様のすぐ元で釣りという殺生はどうかなと思いますが、余計なことは言わず、水行の間だけは移動して下さいと息子の方に丁重に言いました。そしたら、魑魅魍魎(ちみもうりょう)だらけで、私は絶対中に入れない所で釣りをしてました。知らない見えないは強いです。

水行(すいぎょう)

d0339676_10374039.jpg
今朝午前4時半、水行から戻ってきました。昨夕は西寄りの海を写しましたが、今朝は朝が始まりかけた東寄りの海をほぼ同じ場所で写しました。水行を終え、お参りを済ませ、海を振り返ると、1枚1枚ベールを剥がすように、空の黒さが薄くなって行きます。大好きな時間と景色です。今朝の水行は気温17℃、風が強くて寒さを感じましたが、波が強くても本当に静かな空間でした。海、空、夜、その大自然の中で、ポツリ1人、いつものように、災害が起こらぬよう幸せを祈らせていただきました。
が、ホテルに帰ってきた途端、宮崎で震度4の地震。。。。

水行(すいぎょう)

d0339676_05365481.jpg
昨日午後6時半、水行をする町の駅に降り立つと、雨が止んでいました。駅前の海です。昨夜9時半に、石鎚山の前行など水行をさせていただきました。雨に行で打たれたら、同行する人達の禊祓いができるので、石鎚山の当日は雨に出会わない可能性が高いです。でも前行で雨に打たれないと、当日、禊祓いのための雨が降ることが多いのです。水行が終わったら雨がパラパラ降り出しました。大型船が何隻も行き来する賑やかな水行となり、1人行(ひとりぎょう)でも淋しくありませんでした。

水行(すいぎょう)

d0339676_10093426.jpg
午前4時前の行場近くの海です。月がとても綺麗です。水行をしている間、西の空から海をキラキラと照らしてくれていました。月明りは、とてもとても明るくて、眩しいくらいです。こういう夜は、天と海と神々様との中に居させていただいているちっぽけな自分を特に感じさせて貰えます。宙への階段を登っているような素晴らしい行の空間をいただきました。結界の外は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)がいっぱいいましたが。。

水行(すいぎょう)

d0339676_23440539.jpg
研修会が終わってから、急いで新幹線に乗りました。写真は、水行をする海と同じ海です。が、行場まで2キロほど、ここからあります。手前は海上保安庁の船です。珍しく海岸の目の前に停まっていました。今夜の午後9時半の水行は、とても穏やかで、厳(おごそ)かでした。満潮で波のレベルは9と、最高値でしたが、波を被らずにすみました。夕方から急に気温が下がりました。大峯のお礼行などをさせていただきました。