<   2018年 04月 ( 42 )   > この月の画像一覧

「ねこの京都」岩倉光昭さん写真展(大丸心斎橋店)

d0339676_22245269.jpg
大丸心斎橋店で、岩倉光昭さんの「ねこの京都」写真展が開かれています。お寺や神社など京都ならではのネコとの景色です。でも、作品をよく見ないで、ネコを見ちゃうんですね、私は。うちの子がかわいい、うちの子はもっとかわいいポーズする、うちの子は私にべったり。。とか。。ベンガルも作品の中にいました。うちのあほちん(天ちゃん)もベンガルなんですが、やはりお人(猫)柄が顔に出るのでしょうか?あほちんは、ベンガルのくせにシャープでなく、ぽけ〜っと、お人(猫)良し顔なんです。写真展は7日までです。

犬鳴山 七宝瀧寺(泉佐野市大阪府)

d0339676_16131027.jpg
犬鳴山にはバス停から犬鳴登山道で、30分かからず本堂まで登れます。途中、ずっと犬鳴川が案内をしてくれます。途中、澄んだ滝がいっぱい!下から登ると神様仏様が勢ぞろい。山道を車で本堂近くまで行けますが、駐車場から本堂まで石階段がずっと並んでいます。

犬鳴山 七宝瀧寺 柴灯大護摩法会(泉佐野市大阪府)

d0339676_15030415.jpg
犬鳴山 七宝瀧寺(泉佐野市大阪府)で毎年恒例の柴灯大護摩法会があり、参加しました。この護摩の組木だけで男性の身長以上あります。頭も白衣も雪のように降ってくる灰だらけになりました。泉佐野市長さんも参加されました。

皇家龍風(リーガロイヤルホテル 大阪市)

d0339676_19195002.jpg
リーガロイヤルホテル 皇家龍風の中華料理は、とても美味です。味が新鮮というか、他に似ていない味で、しかも美味なのです。以前はヒルトンホテルの王朝がお気に入りでしたが、人気のバイキングが、お肉とデザート中心になってしまい、肉絶ちと乳製品絶ちをしている私はほとんど食べられません。それでリーガロイヤルホテルの皇家龍風へ行きましたら、凄い当たり!でした。店内広くないので予約をお勧めします。

ふぐ懐石・日本料理 てん花(北九州市門司区 福岡県)

d0339676_18401023.jpg
日本料理・ふぐ懐石のてん花さん(北九州市門司区)のお刺身はイサキでした。何とこの美味しさを表現したらいいか。。コシがあるのに溶けるような甘さ。。てん花さんでは、今朝関門で獲れた魚を漁師さんが持ってきてくれるそうです。

リーガロイヤルホテル メインラウンジ

d0339676_17483819.jpg
リーガロイヤルホテル メインラウンジの日本茶についてくるお菓子に柏餅が加わりました。先日までは桜餅でした。他にも色々和菓子がありますが、やっぱり季節の和菓子をいただかないと。。資料の読み込みや取材のデータまとめや、眠くなりそうなお仕事は、いつもリーガロイヤルホテルのメインラウンジでしています。人目があるので眠くならないし、お煎茶、とーっても美味なんです。まもなく新茶も登場するでしょう。

大阪地方検察庁前

d0339676_15440954.jpg
ニュースに最近もよく登場する大阪地方検察庁です。(右のタワー)大阪地方検察庁前で、華やかに満開しています。柏葉アジサイ八重ピンク、もしくはピラミッド アジサイ ピンキーウィンキーと言う名前だそうです。知らない花を見つけると、いつも高知のボンドガールに聞きます。ボンドガールの人脈から答えを探し出して教えて貰えます。大阪地方検察庁のある地域は「ほたるまち」と言い、堂島川沿いで朝日放送やレストラン街もあり、春は桜、夏は中庭に水が敷かれ、クリスマスはライトアップで有名なきれいな街です。

水行(すいぎょう)

d0339676_10035111.jpg
今朝4時半の行場近くから満潮の海と船と対岸を写しました。粒の大きい雨が降ったり小降りになったり。風が強く、寒かったです。清々しい、とてもいいお行をいただきました。7月の石鎚山登拝行の前行が始まりました。これを書いている今、午前10時ですが、大粒の雨がかなり強く降っています。雨に追いつかれないよう、早くのぞみに乗らなくては。。

水行(すいぎょう)

d0339676_00243449.jpg
昨日、午後6時半の跳ね橋から見た海です。行場は、ここから2キロほど離れています。この後、天気予報通り雨が降って来ました。水行が始まったら一度止んでくれましたが、また粒の大きい雨が降ってきました。石鎚山の登拝お礼行の水行をさせていただきました。土曜日、あまりにいい天気だったので、今夜は雨で禊がれたのだと思います。爽やかなお行をいただきました。

ネコ・海(かい)ちゃんと天ちゃん(通称あほちん)

d0339676_17055541.jpg
「ついてこにゃいで!汚(きた)にゃい子は嫌(イヤ)にゃんだから」
「う。う。う。また、ふられたにゃん」